【PDCA】PDCAサイクルを効果的に回して成果を上げる

Aloha~♪ テルです。

今回の記事は、『PDCAサイクルを効果的に回して成果を上げる』について解説させて頂きます。

 

この「PDCAサイクル」というのは、ビジネスの分野において良く使われているコトバなので、ご存知の人も多いかもしれません。

ですが、コトバは知っていても実際の意味を理解していなかったり、意味は理解していても具体的な使い方が分からないという人も、まだまだ多くいるかと思います。

そこで今や多くの有名な大手企業でも、業務改善の為に積極的に意識して取り組まれている「PDCAサイクル」について、理解を深めて頂きたいと思います。

では早速、内容を確認していきましょう!

 

”PDCA”サイクルって一体何?

「PDCAサイクル」は、英単語の頭文字を取ったコトバで、
その英単語とは、「Plan」「Do」「Check」「Action」の4つのコトバから構成されます。

各コトバの意味は次の通りです。

「Plan」=「計画」

自分が達成したい目標を設定して、その目標達成の為にプランニングをします。

いつ(When)・どこで(Where)・誰が(Who)・何を(What)・なぜ(Why)・どうやって(How)の「5W1H」方式で詳しく考えて設定すると良いでしょう。

 

「Do」=「実行」

「Plan(計画)」した通りに実行します。

計画した事を常に意識しながら、漠然と実行するのではなく、「時間を測る」「数を数える」などの数字を添えながら見える化して行うのがポイントです。

 

「Check」=「評価」

1つの計画が終わり次第、その計画が正しく実行されたのか?を「Check(評価)」&検証します。

その検証の結果、実行された内容が良かったのか?それとも改善が必要なのか?を、実行した時に添えた数字をもとに詳しくチェックしていきます。

 

「Action」=「改善」

検証した結果をもとに、この計画に対して「Action(改善)」を加えていきます。

この計画を「続けるのか?」「止めるのか?」「改善をして続けるのか?」などを考え行動し、次のサイクル「Plan(計画)」に繋げる事を意識して行うのがポイントです。

 

PDCAサイクルの具体例

では実際に、どのように「PDCAサイクル」を活用していけば良いのか?を環境別に確認してみましょう。

 

日常生活でのPDCAサイクル

日常生活においても、様々な「PDCAサイクル」を行っています。

 

  • 【計画】この間、テレビで紹介されていた大人気のスイーツを食べに行きたいと思った。
    「5W1H」をもとに細かくプランニングをしていく。
  • 【実行】実際に、プランニングした通りにスイーツを食べに行くという実行をする。
  • 【検証】実行した結果、そのスイーツの味やショップの雰囲気はどうだったのか?を詳しく検証する。
  • 【改善】検証した結果、またそのショップにそのスイーツを食べに行くのか?
      それとも、他のショップに行って比較してみるのか?など改善点を考えて次のプランに繋げる。

 

このように、「何かを食べに行きたい」だとか「何かを習いたい」だとか思う事は日常的にある事だと思いますが、思い立ったらまず最初に「計画」を立てますよね?

そこからスタートして、結果が生まれるわけです。

 

ビジネスでのPDCAサイクル

ビジネスの分野においては、より一層の「PDCAサイクル」が重要になってきます。

 

  • 【計画】輸入ビジネスを始めたいと思い教材やコンサルを調べて、
      具体的な目標を半年で利益10万円に設定した。
  • 【実行】計画通りに輸入ビジネスを始めて、コンサルを受けながら進めていく。
  • 【評価】1日、1週間、1ヶ月ごとに自分の行動をチェックして評価する。
  • 【改善】評価した結果、行動や目標にズレがあれば修正していき、
      もっと改善点があれば改善しながら早く目標が達成できるように計画へ繋げ回していく。

 

日常的な習慣に対して、ビジネスでは具体的な結果が求められます。

自分の行動が目標に対してどうなのか?を常に意識しながら、修正が必要なら加えて、修正が必要で無くとも何かもっと良い手段があるはずだ!と考えながら、ビジネスを加速させていく事が大切です。

 

PDCAサイクルをスムーズに回すポイント

 

目的・目標の設定を明確にする事

PDCAサイクルにおいて、最も重要と言えるのが「目的・目標」です。

この「目的・目標」をシッカリと明確にする事で、自分の今すべき行動がハッキリと見え、目標を見失う事なく計画を進める事ができます。

1つ1つの作業に対して細かく「目的・目標」を設定する事で、大きなズレがなく結果に結びつきます。

 

定期的なチェックを怠らない

いま自分が実行している事に対して、常にチェックするという習慣を付けましょう。

集中して頑張っているけど、知らぬ間に目的・目標からズレてしまっている事もあります。そのようなズレに早く気付くためにも、常に自分で自分のチェックを怠らないようにするのがポイントです。

何かを達成する為には、その期間は自分で自分を監視するぐらいの気持ちで、強く行動を正さなければ短期間で目標を達成する事は中々難しいと思われるからです。

 

日々の行動をレポーティングとして記録する

これも非常に大切な行為なのですが、その日の「目的・目標」や、その日の「行動結果」を日々記録していく事で、自分のモチベーションアップに繋げる事ができます。

ここでのポイントは、”自分に課した日々のノルマを達成する為に考えをコトバにして書き出す” 事です。

実際の状況と、設定した目標に対してのギャップはどうか?
などを見える化する事で、具体的に分かりやすく分析や修正をする事ができるでしょう。

 

まとめ

以上、『PDCAサイクルを効果的に回して成果を上げる』について一緒に確認してきました。

「PDCAサイクル」を上手にスムーズに回していく事は、ビジネスにとっては非常に重要で必須的な手法ですが、これは日常生活においても活用する事でメリットは多くあるでしょう。

PDCAサイクルの全ての4項目はそれぞれ重要ですが、その中でも最重要ポイントは「Plan(計画)」=「目的・目標」になります。

この「目的・目標」があるからこそ、それに続く3項目が活きてくる訳です。

是非、この「PDCAサイクル」を仕事でも日常生活でも意識して取り入れてみて下さいね♪

記事の内容で分からない事や、気になる点がありましたら、お気軽に問い合わせください☆

それでは、最後までお読みいただき誠にありがとうございました。

 

 
 

関連記事

  1. 【Self Investment】ビジネスで成功する為の自己投資意識を…

  2. 【Change of Mind】心(マインド)が変われば人生が変わる

  3. 【Quickly】思い立ったら即行動!人生を変える瞬間を習慣化

  4. 【Mentor】メンターとは?一流の指導者から学ぶ重要性と選び方

  5. 【MIND SET】実はとても重要なマインドセットの本質

  6. 【know × how】ノウハウコレクターを脱出して早く結果を得る

  7. 【インキュベートの法則】21日間の法則で習慣化の魔法をかける

  8. 【NG List】やりたくないことリスト100で自分の本心を知る

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CATEGORY

RECENT POSTS

SPECIAL POSTS

  1. BLOG

    サーフボード試乗会 CRYSTAL DREAMS…
  2. 中国商品仕入れ編

    【BANRI②】中国輸入代行業者 ”BANRI”…
  3. 中国商品仕入れ編

    【BANRI①】中国輸入代行業者 ”BANRI”…
  4. 輸入ビジネスツール編

    【Evernote】第二の脳 ”エバーノート” …

CALENDAR

2018年9月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

★☆★クリックでもっと頑張ります★☆★