【Amazon】とりあえず最初に ” 商品カテゴリ出品許可 ” の取得

こんにちは! 輸入ビジネスプレイヤー兼会社員のKurachiです。

今回の記事は、『とりあえず最初に ” 商品カテゴリ出品許可 ” の取得』について解説させて頂きます。

 

この記事から「Amazon出品&販売編」に突入していきますので、

引続き、どうぞ宜しくお願い致します^^

 

さて今回は、タイトルをご覧の通り「商品カテゴリ出品許可」という事ですが、

Amazonでは販売をする時に ” 許可が必要なカテゴリ(商品区分) ” があります。

出品者はそのカテゴリに所属する商品を販売したいのであれば、

予め、Amazonに出品許可の申請を提出して承認を受ける必要があります。

 

もしあなたが、出品許可の必要な商品を仕入れて販売する予定であっても、

申請自体を忘れてしまっては、商品登録ができないので、

そこから先の、「商品ラベルの作成」「納品手続き」というプロセスが止まってしまいます。

という事は、中国から商品を仕入れる手続きが途中でフリーズしてしまうという事です。。。

 

せっかく良い商品を探せたのに、出品する事ができないのは非常にイタイですよね(^^;)

そうならないタメにも、とりあえず最初にやれる事はやってしまいサクッと準備しておこう!

という意味です。

 

では早速、内容を確認していきましょう!

 

出品許可申請が必要な商品カテゴリ

ジツを言うと、2017年11月からAmazonの規約が変わって、

出品申請が必要なカテゴリはガクッと減りました!。。。いいね‼

 

それまでは、次に示すカテゴリに対して出品許可申請が必要でした。

 

 

これだけのカテゴリに出品するタメの許可が必要だったんです(^^;)

中国輸入で絡むものが大半ですよね?

自分事ですが、まだ仕入れも決まってないような段階でガンガン申請をだして許可をもらってましたね。

 

     ⇩

 

逆に、規約変更後の出品許可申請の必要なカテゴリが次の通りです。

 

 

たった、2カテゴリの出品許可申請だけで良い規約に変わり、

このカテゴリ以外のカテゴリへの出品は、申請不要で出品ができるようになりました^^

いまから申請を考えていた人にとっては楽で良かとですね。。。(笑)

 

商品カテゴリ出品許可申請のやり方

では、出品許可申請の具体的なやり方を確認してみましょう。

今回は、ジュエリーのカテゴリを例に解説していきますね^^

 

まず最初に、ご自身の「セラーセントラルトップページ」を開いて下さい。

 

トップページ右上にある「ヘルプ」をクリックして「ヘルプウィンドウ」を開きます。

そして上部検索窓に ” ジュエリー ” と入力してエンターします。

 

     ⇩

 

次のページで1番上にある「ジュエリー」をクリックします。

 

     ⇩

 

今度は次のページの最下部にある「出品許可申請」をクリックします。

 

     ⇩

 


すると、「カテゴリーの出品申請」のページが別タグで開きますので、

上から順番に入力して申請をしていきます。

 

画像の通り ” 要件を満たしている請求書 ” を用意してもらわなければなりません。

 

  • 2017/08/18以降(180日以内)
  • 出品者の名前と住所が含まれている
  • メーカーまたは卸業者の名前と住所が含まれている
  • 合計10点以上の購入を表示
  • 価格情報を省略(任意)
  • Amazonが申請時に通知された企業に連絡し、提出書類を検証する場合があることをご了承ください。

 

オススメな仕入れ先は「NETSEA」です。

必要であれば任意でコメントを添えて、他の項目も入力したら最後に「同意して送信」をクリックしたら、

申請はOKです。

 

     ⇩

 

審査が通って、このような通知がメールで送られてきたら出品許可が承認されたという事です。

おめでとうございます^^

 

まとめ

以上、『とりあえず最初に ” 商品カテゴリー出品許可 ” の取得』について一緒に確認してきました。

 

これから先、あなたの販売スキルが上がってきた時には、

販売する「商品のバリエーションも増えていく」でしょうし、

何を売っていくのかまだ分からない部分があるのも事実だと思います。

 

Amazonの方もいつ ” 規約変更 ” があるか分かりませんし、

今回のように申請が必要なカテゴリが減れば良いですが、今後の事は正直分かりません。。。

取得できるときにしておいた方が無難だと思います^^

 

「最初から出品許可の必要なカテゴリの商品を販売する予定」の人はもちろんですが、

そうでない人も、とりあえず「最初にやってしまえば後で気を揉む必要がありません」ので、

サクッと申請を出して、自分の販売できるキャパを広げておきましょう♪

 

記事の内容で分からない事や、気になる点がありましたら、お気軽にお問い合わせください☆

それでは、最後までお読みいただき誠にありがとうございました。

 

関連記事

  1. 【Amazon】FBA倉庫 ” 長期在庫保管手数料 ” の注意点と対策…

  2. 【Amazon】FBA倉庫 ” 在庫保管手数料 ” について

  3. 【Amazon】JANコードの取得方法とチェックデジットの算出方法

  4. 【Amazon】アマゾン販売の王道 ” 相乗り販売 ” について

  5. 【Amazon】FBA 返送商品を ” 再納品 ” する方法

  6. 【Amazon】” ショッピングカート獲得 ” の重要性と対策

  7. 【Amazon】カート獲得率をUPさせる5つのポイント

  8. 【Amazon】アマゾン ” OEM 独自ブランド ” を構築する条件…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CATEGORY

RECENT POSTS

SPECIAL POSTS

  1. Yahoo!ショッピング販売編

    【Yahoo!ショッピング】出店審査に必要な情報…
  2. Yahoo!ショッピング販売編

    【Yahoo!ショッピング】ストアクリエーター …
  3. メルカリ販売編

    【メルカリ】 中国輸入転売 売れる 商品画像リサ…
  4. Yahoo!ショッピング販売編

    【Yahoo!ショッピング】 中国輸入 販路先と…

CALENDAR

2020年4月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

★☆★クリックでもっと頑張ります★☆★