【Amazon】” FBAマルチチャネル ” 活用のメリット ゼロからプラスへ

こんにちは! 輸入ビジネスプレイヤー兼会社員のKurachiです。

今回の記事は、『【Amazon】” FBAマルチチャネル ” 活用のメリット ゼロからプラスへ』
ついて解説させて頂きます。

 

マルチチャンネル何だろう?また難しそうなワードが出てきたぞ!って思うかもしれませんが、

「Amazon FBAが提供しているこのサービスを利用する事で販路が広がる」というサービスの事です^^

 

Amazon販売ビジネスをしていると、どうしても中々売れない商品という存在が出てきますよね?

そんな商品は放っておいてもあまり良い事はありません。

価格を大きく下げて早く売り切る等しなければ、

Amazon倉庫保管手数料として利益をドンドン削る存在になってしまいます。

 

ただ、あまりにも安い赤字覚悟の価格で販売するのも、気持ち的にはやりきれない残念さが…(;’∀’)

そんな時のもう1つの手段として ” マルチチャンネルは活用できるサービス ” になります。

 

では早速、内容を確認していきましょう!

 

Amazon FBAマルチチャンネルサービスについて

マルチチャンネルとは、Amazonが提供している正式名「FBAマルチチャンネルサービス」と言い、

Amazon FBAサービス登録者が利用できる、販路の拡大を見込める素晴らしいサービスになります。

 

具体的に言い表すと、

「Amazonに商品を保管し出品していながら、ヤフオク!や楽天市場などのショッピングモール、

自社のECサイトや実店舗などのAmazon以外で受注し売れた商品に対しても、

Amazonが商品の出荷・配送・在庫管理をAmazonが代行するサービス」

というアウトソーシング的なオススメのサービスです。

 

FBAマルチチャンネルサービスの仕組みはこの図のようになっています。

Amazonに保管してある商品だからと言って、Amazonでしか販売できないという訳ではないのですね!

 

Amazon FBAマルチチャンネルサービスのメリット

 

Amazonの物流クオリティをそのまま利用&活用

FBAマルチチャンネルサービスの1番のメリットは、

何と言っても、「Amazonの物流クオリティをそのまま利用する事ができる」という事でしょう!

 

例えば、Amazonに納品してある商品が全く売れずに残っていたとします。

その売れ残りの商品を、自宅に返送して別の販路(ヤフオク!や楽天市場)などで販売しようとすると、

手元に届いた商品を梱包し直して…出荷手配して…客先に連絡して…(;’∀’)

時間手間はもちろん、配送料金というコストも1つ1つ掛かってきます。。。

ひじょーに、面倒ですよね!

 

そんな煩わしさから解放してくれるのが、Amazon FBAマルチチャンネルサービスなのです^^

しかも、ご心配無用!

 

  • 無地の段ポールで出荷
  • 24時間365日対応
  • お急ぎ便・お届け日時指定便にも対応

 

以上のように、心配する必要がない配送クオリティで対応してくれるのです。

 

在庫管理の最適化

Amazon FBAマルチチャンネルサービスを利用&活用することで、

 

  • 商品長期不動在庫に対するリスク分散
  • 注文保留機能による商品の確保

 

このように、AmazonのFBA倉庫に「長期不動在庫が発生する事を抑える」事が見込めます。

また、注文の「保留機能」により注文が入ったら在庫を確保をしますから、

支払いの確認が完了した時点で出荷依頼を行うことで、在庫切れすることなく商品を出荷できます。

 

利用手続きは簡単でシンプル

Amazon FBAマルチチャンネルサービスを利用する際の注意点は、

” Amazon FBAサービスに登録している ” のが条件という事です。

 

それさえ満たしていれば、すぐにでもセラーセントラルから手続きは可能で、

Amazon FBA倉庫に商品を納品するだけで利用を開始する事ができます。

 

FBAマルチチャンネルサービスの利用料金

FBAマルチチャンネルサービスを利用した時の料金は、

「在庫保管手数料」「配送代行手数料」の合計になります。

 

 

在庫保管手数料

在庫保管手数料

出品者の商品を、Amazonフルフィルメントセンターで「保管・管理する手数料」の事で、

” 商品サイズと保管日数に応じて課金 ” されます。

 

配送代行手数料

 

配送代行手数料

配送代行手数料は、「出荷作業手数料」と「発送手数料」の2つから構成されます。

配送代行手数料には、

「ピッキング・梱包作業費・資材費・全国一律の配送費用・カスタマーサービス・返品処理費用」

まですべて含まれています。

 

FBAマルチチャンネルサービス料金体制

FBAマルチチャンネルサービスの料金表は次の通りになっています。

昨今の物流配送料の値上げに合わせて、AmazonでもFBAマルチチャネルサービスの値上げを発表しました。
新料金の改定は、2019年7月16日出荷分からとしています。

マルチチャネル 手数料、送料一覧表

手数料、配送料をまとめますと下記の表になります。

ご覧の通り、以前よりはかなりの値上げとなりました。
ですがマルチチャネルサービスは
24時間265日稼働、しかも全国送料一律ですので
国内大手配送会社ヤマト運輸などの料金と比べますと、かなり
リーズナブルな料金体制になります。


ヤマト運輸送料一覧表

ですので自宅から配送するより、手間も無く安く節約出来そうですね^^

 

FBAマルチチャンネルサービスの利用方法

では実際に、「FBAマルチチャンネルサービスの利用方法」について確認してみましょう。

まず最初に、「セラーセントラル」を開きます。

 

開いたら、セラーセントラルのトップページ上部メニューの「在庫」から、

プルダウンメニューの「在庫管理」をクリックします。

 

     ⇩

 

次に、在庫管理の商品一覧から希望する商品の最右側にある、

「詳細の編集」のプルダウンメニューを開いて、

その中の「FBAマルチチャンネルサービス依頼内容を新規作成」をクリックします。

 

     ⇩

 

次に、「FBAマルチチャンネルサービスの注文/依頼」ページが開くので、

「商品発送先の情報」と「数量」を入力してから「続ける」をクリックします。

 

     ⇩

 

次のページで、「出荷に関するオプションが設定」できるので必要であれば設定して、

依頼内容に目を通して問題なければ「内容を確定」をクリックして手続きは全て完了になります。

お疲れ様でした^^

 

まとめ

以上、『” FBAマルチチャンネル ” の活用でゼロからプラス』について一緒に確認してきました。

 

FBAマルチチャンネルサービスによって ” 間違いなくあなたの販路は増える ” でしょうし、

” 売れない商品が不動在庫になってしまうリスクを抑制 ” する事ができるはずです。

 

1つしかないフィールドより、2つ、3つとフィールドがあれば、

また違う観点から「同じ商品を販売をするチャンス」があるという事でもあるので、

まずは、利用してみて慣れていく事をオススメします♪

 

記事の内容で分からない事や、気になる点がありましたら、お気軽にお問い合わせください☆

それでは、最後までお読みいただき誠にありがとうございました。

 

関連記事

  1. 【Amazon】セラー評価依頼&低評価取り消し方法

  2. 【Amazon】とりあえず最初に ” 商品カテゴリ出品許可 ” の取得…

  3. 【Amazon】キーワードマーケティングで新規出品へのアクセス…

  4. 【Amazon】JANコードの取得方法とチェックデジットの算出方法

  5. 【Amazon】出品用アカウント状態に対する予防と対策

  6. 【Amazon】FBA商品の ” 返品発生時 ” の対応

  7. 【Amazon】自社(自己)発送方法の手順

  8. 【Amazon】アマゾン販売の ” 相乗り防止策 ” の実態

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CATEGORY

RECENT POSTS

SPECIAL POSTS

  1. Yahoo!ショッピング販売編

    【Yahoo!ショッピング】出店審査に必要な情報…
  2. Yahoo!ショッピング販売編

    【Yahoo!ショッピング】ストアクリエーター …
  3. メルカリ販売編

    【メルカリ】 中国輸入転売 売れる 商品画像リサ…
  4. Yahoo!ショッピング販売編

    【Yahoo!ショッピング】 中国輸入 販路先と…

CALENDAR

2020年4月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

★☆★クリックでもっと頑張ります★☆★