Amazon販売編

【Amazon】アマゾン販売の ” 相乗り防止策 ” の実態

どうも、輸入ビジネスプレイヤーのKurachiです

今回の記事は、『アマゾン販売の ” 相乗り防止策 ” の実態』について解説させて頂きます。

 

” 相乗り防止策 ” というコトバから何を想像するか…それは。。。

「相乗りされたくない!」

という、思いからくる一言に尽きるのではないでしょうか?

 

相乗りする側であれば縁のないコトバですが、

相乗りされる側の立場からだと、間違いなく「相乗りされたくない!」と思うわけですね。

これは自然な事で、できるなら独占してライバルセラー不在の中で販売したいと思うはずです。

 

それにあたり、最初に商品ページを作って販売を始めるセラーの中には、

色々な ” 相乗り防止策を講じる ” わけですが、

その防止策の中には「防止策になっていない対策」があるのも事実です。

 

そこをシッカリと見極められれば、自信をもって相乗り可能な商品であると判断ができますので、

覚えて頂きたいと思います^^

 

では早速、内容を確認していきましょう!

 

Amazon相乗り販売可能な防止策について

どのような ” 相乗り防止策が無効 ” なのかを項目ごとに確認してみましょう。

 

JANコード(GS1事業者コード)の取得証明

Amazonの商品ページを見ている中で、

「弊社は、JANコード(GS1事業者コード)を取得している為、相乗り等の出品はお控えください」

と表記されているページを見かける時があります。

 

確かに数年前のAmazonでの規約では、

「JANコード(GS1事業者コード)を取得していれば相乗り販売がされないとされていた時期」

があったようですが。。。

Amazonの規約変更があってからのいま現在としては、

” JANコード(GS1事業者コード)の取得で相乗り販売を防止できる効力はない ” です。 

 

ですので、もし「JANコード(GS1事業者コード)の取得」をアピールしている商品ページをみつけても、

躊躇せずに安心して相乗り販売をしていきましょう。

 

商品ブランドカテゴリが ” ノーブランド ”

商品ページを見た時に、「ブランドカテゴリがノーブランド表記」になっているページが多くありますが、

このようなページは ” 100%相乗りが可能 ” になります。

 

上記画像のように、ブランドカテゴリが「ノーブランド」「ノーブランド品」と表記の場合、

他にどんな防止策を講じていたとしても ” 相乗り販売可能なページ ” になってしまします。

このような商品は相乗り可能ですが、「逆に自身で新規商品ページを作る時は十分に注意が必要」です。

 

商品の付属品にブランドのロゴ印字や刻印がある

商品ページの商品画像をよく見てみると、

「商品本体ではなくて ” 商品の付属品やおまけ ” にブランドのロゴ印字や刻印」

がされている商品ページを見かける事がありますが、そんな商品も ” 相乗りが可能 ” になります。

 

大切なのは商品本体ですので、付属品に惑わされる事がないように、

シッカリと基準を定めて判断していきましょう。

 

商品に関連の薄いおまけ商品のアピール

同じく商品に ” 商品本体とは関連性の低いおまけを付属させてアピール ” したり、

その ” おまけを商品名に記載して販売 ” しているページを見かけますが、

場合によっては「Amazonの規約違反とみなされる」可能性があります。

 

このような商品も ” 相乗りが可能 ” になりますので、気になるような商品があれば、

Amazonテクニカルサポートに確認をしてみるのも良いと思います。

 

製造型番や製造工場の一致

中には、「商品の型番や製造工場の一致」を注意書きしてアピールしているセラーを見かけますが、

このような規約はAmazonでは確認されていません。

もしこのような商品に相乗り販売をした場合に、販売の取り下げを訴えてくるセラーもいますが、

規約違反をしている訳ではないので、

” 冷静に丁寧に対応しつつ安心して相乗り販売 ” をしていきましょう。

 

まとめ

以上、『アマゾン販売の ” 相乗り防止策 ” の実態』について一緒に確認してきました。

 

実際のところ ” Amazonにては相乗り販売ができない商品ページは無い ” との事ですが、

相乗り販売をした後に、その商品ページのブランドが「商標などの知的財産権を所有」していたタメに、

販売の取り下げをセラー直接、またはAmazonから訴えられる可能性は高いです。

 

あえて「訴えられたりクレームに繋がる可能性を秘めている商品」に相乗りするのは、

基本的にはあまりオススメはできませんが、

シッカリと本質を見抜けば ” 今まで以上に相乗りできる商品が見つかる可能性 ” は高くなります!

 

もし、「判断に困るような商品ページがあったのならば、1度Amazonテクニカルサポートに聞いてみる」

という手段もかなり有効であると言えます。

Amazonテクニカルサポートはかなり丁寧で何でも教えてくれますし、

何はともあれ、Amazon直々にサポートしてくれるのですから、間違いはありません。

 

是非とも、「Amazonを徹底的に活用してAmazon販売ビジネスを成功」させて下さいね♪

 

記事の内容で分からない事や、気になる点がありましたら、お気軽にお問い合わせください☆

それでは、最後までお読みいただき誠にありがとうございました。

 

ABOUT ME
Kurachi
輸入ビジネスプレイヤー 2019年副業で月商500万円達成 副業で得た利益で家族と外食をしたり旅行に出かけたり、 趣味の音楽や釣りなどを楽しみ家族三人と幸せに生活しています。