Amazon販売編

【Amazon】FBA 返送商品を ” 再納品 ” する方法

どうも、輸入ビジネスプレイヤーのKurachiです

今回の記事は、『FBA 返送商品を ” 再納品 ” する方法』について解説させて頂きます。

 

前回の記事、「FBA商品の ” 返品発生時 ” の対応」 にリンクする内容ですが、

お伝えした通り、「中国輸入ビジネス」を実践していく中で ” 返品 ” は必ず発生しますし、

いちいち気にしていると、中々先に進まなくなってしまう事でもあるので、

そこは、上手に乗り越えていく手段を覚えていく必要があります。

 

大切なのは、

「なぜ返品になってしまったのか?」を考えて「次に繋がる改善を見つける」という事になるので、

” 失敗から学んでスキルアップしていく事 ” なのではないかと思います。

 

そのような意味からも、「返品された商品を返送してもらい再度納品をするという方法」は、

良く使う手段でもありますので、シッカリ理解して覚えておく事をオススメします。

 

では早速、内容を確認していきましょう!

 

Amazonからの返送は必ず必要な事…

「Amazon販売ビジネス」を実践していけば ” 販売商品の返送依頼は必ず必要 ” になりますし、

意図的に返送をしてもらわなければ具体的な改善には繋がりません。

 

Amazonは企業理念として、

『地球上で最もお客様を大切にする企業』

であると掲げるぐらい、お客様を第1に考えているので、

僕たちセラーが商品ページ通りの商品を販売したとしても、

” 購入者であるお客様の意図と相違した商品が届いた場合 ” は、返品を許可しているのが現状です。

 

そのように、お客様の都合で返品された商品もありますので、

中には「新品未使用」で商品自体に何の問題もない商品も多々あります。

全く商品自体の品質に問題の無い商品も「販売不可在庫」として保管されてしまうタメ、

僕たちセラーは、どうしても返送依頼をしなければならないのです…(^^;)

” 放っておいたらAmazonで廃棄 ” されてしまいますからね。。。

 

また、他にも返送依頼をする理由は他にもあります。

 

  • 出品出来ない商品を別のフィールドで販売するタメ
  • 販売した商品の返品が多いので検品するタメ
  • Amazonから出品している商品の検品を依頼されたタメ

 

以上のように、返送理由は1つではありません。

いずれにせよ、Amazonに再納品ができるモノはした方が無駄は無くなると思うので、

再納品の方法も覚えておきましょう^^

 

Amazonから返送した商品を再納品する方法

「Amazonへ再納品」のやり方は、2つの方法があります。

 

  • 新規で納品ラベルを発行して納品する方法
  • 既存の納品ラベルを利用して納品する方法

 

” 新規で納品ラベルを発行して納品する方法 ” は通常の納品手続と同じですが、

” 既存の納品ラベルを利用して納品する方法 ” は手続の手順やポイントが違うので、

次の項目で細かく説明していきたいと思います。

 

既存の納品ラベルを利用して納品する方法

この再納品の方法は ” 返送した商品に納品ラベルが付いている時 ” に有効な方法です。

 

例えば、1度出品した商品を返送した場合などは「商品にラベルが付いている」はずです。

そのような商品には、改めてラベルを貼り付ける必要はありませんので、

この方法を利用して、時間&経費を節約してみて下さい^^

 

まず最初に、「セラーセントラル」を開きます。

 

開いたら、セラーセントラルのトップページ上部メニューの「在庫」から、

プルダウンメニューの「在庫管理」をクリックします。

 

     ⇩

 

在庫一覧が表示されるので、「再納品する商品にチェック」を入れて一括変更メニューをクリックします。

 

     ⇩

 

一括変更プルダウンメニューから、「在庫商品を納品/補充する」をクリックします。

 

     ⇩

 

「在庫を納品/補充」のページに移るので、

「新規納品プラン」「発送元を自宅に変更」「個別の商品」を選択してから「続ける」をクリックします。

 

     ⇩

 

「商品の数量」を入力するページに移るので、「数量」を入力します。

それと併せて ” ASIN/FNSKUを表示 ” をクリックして「FNSKU」を表示させたら、

実際に再納品する商品に貼ってある ” ラベルに記載されているFNSKU ” と照らし合わせて、

お互いが合っているかどうか?を確認した上で「続ける」をクリックします。

     ⇩

「商品の準備」のページに移りますが、ここは確認して「続ける」をクリックします。

     ⇩

「商品ラベルを貼付」のページですが、ラベルは必要ないので確認して「続ける」をクリックします。

     ⇩

「納品の確認」のページも確認して「納品を作成する」をクリックします。

     ⇩

「納品を表示」のページも同じく確認して「納品作業を続ける」をクリックします。

     ⇩

そして、「発送準備」のページに移りますので、ここは ” 通常の納品作業 ” と同じ要領で、

上から順に入力していき「配送ラベル」を発行して下さい。

 

以上で再納品の手続きは完了しました。

あとは、再納品する商品を梱包して配送ラベルを貼付けて納品するだけです^^

 

まとめ

以上、『FBA 返送商品を ” 再納品 ” する方法』について一緒に確認してきました。

 

お伝えした通り、Amazonから返送をしなければならないシチュエーションは必ず起きるので、

今回の内容はシッカリと覚えておく必要はあります。

 

ただし、

「Amazonへ再納品するパターン」と、「別の販路として他にも考えるパターン」のどちらにするかは、

その時の状況を踏まえて選択するべきとも言えます。

なぜなら、Amazonへ再納品したとしても、

” その時その商品が価格崩壊していて利益が赤字になっていた ” という事も考えられるからです。。。

 

基本的に、「再納品する時の配送料はこちらが負担」する事になるので、

その辺りの、費用対効果がどれくらいあるのかも含めて、

ご自身にとって最善の方法で、返送商品の再納品を試みて下さいね♪

 

記事の内容で分からない事や、気になる点がありましたら、お気軽にお問い合わせください☆

それでは、最後までお読みいただき誠にありがとうございました。

 

ABOUT ME
Kurachi
輸入ビジネスプレイヤー 2019年副業で月商500万円達成 副業で得た利益で家族と外食をしたり旅行に出かけたり、 趣味の音楽や釣りなどを楽しみ家族三人と幸せに生活しています。