【Amazon】アマゾン ” 引当金 ” に要注意!解除、対策方法を徹底解説

こんにちは! 輸入ビジネスプレイヤー兼会社員のKurachiです。

今回の記事は、『アマゾン販売初心者は ” 引当金 ” に要注意』について解説させて頂きます。

 

2017年ぐらいから良く耳にするようになった「引当金」ですが、

どのような存在かと言うと。。。

「自分の販売した商品を購入したお客様から万が一、返品等のクレームがあった時に、

Amazonがスムーズに返金処理等の対応をするタメにプールしておくお金」の事を指し示します。

 

何故ここ最近になって、Amazonは引当金というルールを設定したのでしょうか?

正直、セラーである僕たちにとっては少々厄介な一面を持っている引当金について、

学んでみたいと思います。

 

では早速、内容を確認していきましょう!

 

なぜなぜ引当金。。。

そもそも、Amazonはなぜ引当金というルールを設定したのでしょうか?

 

それは、去年2017年の春先頃にニュースでもサラッと放送された、

ご存知かもしれない「Amazonショック」が原因の1つと言われています。

 

日米のAmazonにて、Amazonセラーのアカウント乗っ取りによる詐欺が横行しましたよね?

その時のクレーム対応で相当な打撃を受けたAmazonは、様々な対策を取る事になるのですが、

その対策の1つが「引当金制度」となった訳です。。。(^^;)

 

要するに今後は、

「セラー(出品者)が原因で起きた返品等のクレームについては、セラーも責任をもって対応すべき」

とでも捉えられる内容だと勝手に思っています。

 

ただし、引当金制度の対象になるセラーアカウントは、

「2016年8月15日以降に作成されたアカウント」のようです。

それ以前のアカウントに関しては対象外になっていると思われます。

 

引当金の内容について

では、引当金の内容について憶測な部分もありますが、確認してみましょう。

 

引当金の内容は ” アカウントの状態で各々に変わる ” ようなので一概には言えませんが、

初めてAmazon販売を開始した1ヶ月目で例えると、

引当金に留保される金額は「売上げの約50%」とされ、

留保された引当金が振り込まれる期間は「次の決済日」とされています。

 

基本的に、Amazonが出品者であるセラーに売上金を振り込む周期は ” 14日 ” ごとなので、

例えば、「当月の14日が決済日だとしたら引当金の留保は同月の28日」になります。

そして、その引当金が実際に振り込まれるのは更に ” 14日後 ” になるので、

最初の決済日から考えると「約1ヶ月後の振り込み」になってしまうのです。。。(;’∀’)

 

1番最初というのは、Amazon販売を始めたばかりで資金力も余裕がないと思いますので、

振り込み予定の金額から50%もプールされてしまうと、

非常にキャッシュフローが厳しくなると予測できます。

 

そのあたりも考慮した上でリサーチ&仕入れを行っていく必要がありますね!

 

引当金の解除について

引当金の解除については、正直Amazonに問い合わせをしても具体的には分かりません。

 

解除のタイミング

ただし、当面は引当金の解除は考えていないとの事でしたが、

実際に ” 引当金が解除されたという報告 ” もあります。

しかも、その解除タイミングは個々にバラツキがあるようです。

 

憶測ですが、引当金が解除されるタイミングというのは、

「Amazonから優良なセラーだと認められた時」なのではないかと考えられます。

 

優良なセラー = パフォーマンス状態が良い = 返品等のクレームが少ない

 

引当金の大きな目的は、「お客様からのクレームがあった時に返金や払い戻しに対応するタメ」であると、

規約にも書いてある事から ” 優良なセラーであれば引当金の必要が無い ” という事になります。

という事は、「Amazonは僕たちセラーの状態をチェックしている」と併せて考えられますよね?

 

セラーパフォーマンス状態の向上

では、どうしたら ” 優良なセラー ” になれるのでしょうか?

 

それは、「セラーパフォーマンスの評価を上げる」という事に通じると結論付けができます。

そのセラーパフォーマンスを向上するタメに意識する事を挙げてみました。

 

  • 注文不良率がAmazonの既定とする水準以下
  • 返品不満足度がAmazonの既定とする水準以下
  • 出荷遅延率がAmazonの既定とする水準以下
  • 返金率がAmazonの既定とする水準以下
  • Amazonから届いた24時間以内要返答メールへの時間内返答&対応

 

以上の項目を「意識して良い状態をキープできれば引当金も早く解除される」でしょうし、

” Amazonからの評価も良い状態で販売ができる ” という事です。

 

兎にも角にも、「お客様からのクレームをなるべく起こさないのが1番大事」なので、

イコール ” 日頃からの商品リサーチの質を上げていく事が必須条件である ” と言えますよね^^

 

引当金の振り込み前倒し依頼を駆使する

引当金として「Amazonが留保する期間は実質7日間」です。

 

もし ” 14日周期の決済期間まで待てない事情 ” があるなら、

引当期間の7日を過ぎていれば前倒して振り込み依頼をする事が可能です。

 

まず、「セラーセントラル」を開いて下さい。

開けたら、ホーム画面右側にある「決済情報」の ” 支払いの概要を表示 ” をクリックします。

 

     ⇩

 

次に、「ペイメント」のページで ” 振込みをリクエスト ” をクリックします。

 

     ⇩

 

次に、「今すぐ振り込む」のページで ” 今すぐ振り込む ” をクリックします。

 

     ⇩

 

これで、「引当金解除分に関しては振込み手続きが開始」されます。

ただし、状況によって振込みが完了するまでに「最長6営業日を要する」ので御了承下さい。

 

ちなみに、振込リクエストができる頻度は「24時間内に1回」だけです。

ただ、毎日決まった時間にこの方法を駆使する事によっておよそ6営業日後に毎日入金が有る事になります。

これで多少なりとも精神衛生上的にも気が楽になりますね。

 

引当金が解除された訳では有りませんが、このような依頼ができるという事も、薄っすらと頭の片隅に入れておいて下さいね。

 

まとめ

以上、『アマゾン販売初心者は ” 引当金 ” に要注意』について一緒に確認してきました。

 

いかがだったでしょうか?

引当金に引っ掛かってしまったタイミングの人は、意識しなければならない事が多々ありましたが、

逆に考えれば、その意識しなければならない事をシッカリと遂行しておけば、

” あなたのセラーパフォーマンスは間違いなく良い状態がキープ ” できますし、

それは言わば ” お客様にとっても優良で信頼できる販売者になっている証 ” になります^^

 

逆転の発想で、引当金という逆境をバネにして成長するという気持ちで取り組めば、

それこそ「成功者のポジティブな発想」になれるでしょう!

 

是非、ポジティブなマインドで引当金なんかに負けないパフォーマンスを身に付けて下さいね♪

 

記事の内容で分からない事や、気になる点がありましたら、お気軽にお問い合わせください☆

それでは、最後までお読みいただき誠にありがとうございました。

 

関連記事

  1. 【Amazon】アマゾン販売 2ndステップ ” 新規商品販売 ” の…

  2. 【Amazon】キーワードマーケティングで新規出品へのアクセス…

  3. 【Amazon】とりあえず最初に ” 商品カテゴリ出品許可 ” の取得…

  4. 【Amazon】セラー評価依頼&低評価取り消し方法

  5. 【Amazon】出品者ロゴの作成&設定でイメージUP

  6. 【Amazon】アマゾン FBA 商品の出品登録方法

  7. 【Amazon】アマゾン販売の王道 ” 相乗り販売 ” について

  8. 【Amazon】アマゾン ” テクニカルサポート ” の活用で疑問は即…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CATEGORY

RECENT POSTS

SPECIAL POSTS

  1. Yahoo!ショッピング販売編

    【Yahoo!ショッピング】出店審査に必要な情報…
  2. Yahoo!ショッピング販売編

    【Yahoo!ショッピング】ストアクリエーター …
  3. メルカリ販売編

    【メルカリ】 中国輸入転売 売れる 商品画像リサ…
  4. Yahoo!ショッピング販売編

    【Yahoo!ショッピング】 中国輸入 販路先と…

CALENDAR

2020年4月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

★☆★クリックでもっと頑張ります★☆★