Amazon販売編

【Amazon】FBA商品の ” 返品発生時 ” の対応

どうも、輸入ビジネスプレイヤーのKurachiです

今回の記事は、『FBA商品の ” 返品発生時 ” の対応』について解説させて頂きます。

 

物販ビジネスをしていると、

多かれ少なかれ ” 購入者からの返品依頼を受ける ” 事になると思います。

無いに越したことはないですが、

中国輸入をしていると、その特性から多分経験されるのではないかと考えられます…(;’∀’)

 

Amazon FBAサービスを利用していれば、

” Amazonが代行をして購入者への返品クレーム対応等のフォローまでは ” してくれますが、

そこから先の、「返品&返送された商品の処理」は自身で行わなければなりません。

 

購入者から返品された商品は、

” 一時的にAmazonの倉庫へ保管 ” されてから出品者の意向に沿った処理を行う形になりますが、

意向を伝えずに、そのまま放置する形にしてしまうと、

「Amazon倉庫管理費用が掛かり、尚且つ商品の所有権限が無くなる」

という事態になってしまいますので、迅速に対応をしていく必要があります。

 

では早速、内容を確認していきましょう!

 

そもそも返品され易い商品について

最初に、「返品率の高い商品」って一体どのようなモノがあるのかを確認してみましょう!

 

  • 汚れや破損が見受けられる商品
  • 形違い・色違い・サイズ違い等の商品
  • 付属品が無い等の商品カタログと相違した商品

 

以上が、返品対象のメインになる得る原因です。

 

他にも購入者の意思で返品になるケースもあるので、完全に把握する事は難しですが、

基本的に「30日以内ならAmazonは返品を認めている」ので、

販売者としては返品を真摯に受け止めるしかありません。

 

返品&クレームは評価にもつながる部分になりますから、

” 販売商品の質にもシッカリ気を付けて、できる限り返品が発生しないように販売 ” していきましょう。

 

返品対応の手順

実際に、「返品が発生した時の対応」は次のような流れになります。

 

  1. 購入者がAmazonに返品手続をして、Amazonが購入者に返金をする。
  2. 返品商品を自宅等に返送依頼して送ってもらう。
  3. 自宅に届いた返品商品を再販する。

 

大きく分けると、このような返品対応手順になります。

それでは、各項目を詳しく確認してみましょう。

 

1.購入者がAmazonに返品手続 ⇨ Amazonが購入者に返金処理

まず最初に、「商品の購入者がAmazonに返品申請と返品手続」を行います。

 

Amazon FBAサービスを利用している場合は、Amazonが一括して返品対応をしてくれるので、

セラーとして対応をする必要はありません。

 

返品が発生すると、Amazonから「返金処理開始のお知らせ」という、

嬉しくないメールが送られてきます…(笑)

 

2.返品商品を自宅等に返送依頼して送ってもらう。

購入者から返品された商品は「販売不可在庫」として、Amazonの倉庫へ一旦保管されますが、

そのままでは一定期間が経過すると、Amazon側で廃棄される扱いになってしまうので、

” 自発的に返送依頼 ” をする必要があります。

 

返送依頼はセラーセントラルから手続きができますので、確認してみましょう。

 

まず、セラーセントラルのトップページ上部メニューの「在庫」から、

プルダウンメニューの「在庫管理」をクリックします。

 

     ⇩

 

次に、上部メニューにある「販売不可在庫の返送/所有権の放棄」をクリックします。

 

     ⇩

 

次のページで、現存している ” 販売不可在庫が表示 ” されますので、

返送したい商品にチェックを入れてから、「返送/所有権の放棄依頼を作成」をクリックします。

 

     ⇩

 

続いて、「在庫商品の返送・所有権の放棄依頼」ページが開くので、「詳細内容」を入力していきます。

 

依頼内容は「返送」or「廃棄」から選択できるので、

「返送」の場合は、「お届け先住所」を選択してから内容を入力していき、

「放棄(商品の処分)」をする場合は、「廃棄」を選択します。

     ⇩

「注文(依頼)番号を登録」は、空白でOKです。

     ⇩

「販売不可の数量」の欄に、返送したい数量を入力してから「続ける」をクリックします。

     ⇩

そして「依頼内容の確認ページ」が開くので、「内容を確定」をクリックしたら全て完了です!

 

返送依頼が受付されると、

Amazonから「返送手続き完了メール」が届きますので、チェックして下さい。

 

3.自宅に届いた返品商品を再販する。

自宅に届いた商品は ” できる限り早めに再販 ” をしてしまいましょう。

 

再販は基本的に、中古品扱いで販売する事になるかと思いますが、

その時にオススメのフィールドは、「ヤフオク!」「メルカリ」になります。

なぜなら ” 詳細を伝えやすいから購入者も分かり易く買い求めやすい ” のです^^

 

Amazonでも中古品販売は実施できますが、

現状の写真を載せる事ができないのと、商品コンディションの説明は文章で記載するだけなので、

「ヤフオク!」「メルカリ」と同等な商品詳細を購入者に伝える事がキビツイです。。。

 

例えば、商品に汚れや傷などがあった場合に、その部分の写真が無いと中々伝わりにくいのです。

” 百聞は一見に如かず ”

と言う、ことわざがあるように「100回聞くより1回見た方が断然理解できる」という事です。

 

まとめ

以上、『FBA商品の ” 返品発生時 ” の対応』について一緒に確認してきました。

 

このビジネスを実践していく中で、必ず「返品依頼」というタイミングに出くわすでしょう…(;’∀’)

しかし、前向きに考えるのであるなら、それは自分自身のスキルアップにも繋がるはずです。

 

” 逆境を逆手に取って販売不可在庫をきっかけに成長 ” してしまいましょう!

そうすれば、Amazonだけでなく様々な販路で販売するという事にきっと慣れますよ♪

 

記事の内容で分からない事や、気になる点がありましたら、お気軽にお問い合わせください☆

それでは、最後までお読みいただき誠にありがとうございました。

 

ABOUT ME
Kurachi
輸入ビジネスプレイヤー 2019年副業で月商500万円達成 副業で得た利益で家族と外食をしたり旅行に出かけたり、 趣味の音楽や釣りなどを楽しみ家族三人と幸せに生活しています。