輸入ビジネスでかかる関税と消費税の知識

こんにちは! 輸入ビジネスプレイヤー兼会社員のKurachiです。

今回の記事は、『輸入ビジネスでかかる関税と消費税の知識』について解説させて頂きます。

 

『関税と消費税』に関しましては、今後ご自身で「輸入ビジネス」を運営していく以上、

切っても切れない存在として関わってきますので、

シッカリと理解しながら、ビジネスを上手に進めて頂ければと思います^^

 

それでは早速、『関税と消費税』について一緒に確認していきましょう!

 

関税とは?

『関税』を簡単に表現すると、

「他国から品物を輸入する際に、その輸入する側の国がその品物に対して掛ける税金」

の事を指し示し、

 

その関税の大きな目的としては、

「自国より安い海外製品から、国内製品や国内産業を守ること」

にあります。

 

関税は税金の一種で、商品の項目ごとに関税率が決められており、

無税の商品項目以外に関しては、必ず支払わなくてはなりません

「関税」 + 「消費税」 + 「通関手数料」 = 「徴収金額」

 

輸入ビジネスにおける関税

実際に、輸入ビジネスに掛かってくる関税について、具体的に確認してみましょう!

輸入品の仕入れ判断に関わってくる部分になりますので、

シッカリと理解して把握していきましょう。

 

個人輸入と商業輸入

輸入ビジネスにおける関税の種類としては、「個人輸入」「商業輸入」の2種類に分けられ、

その算出方法もそれぞれ異なった方式になります。

 

「個人輸入」: 個人が使用目的としてその商品を海外から輸入する場合

「商業輸入」: 第三者への販売目的としてその商品を海外から輸入する場合

 

税関の判断により、「個人輸入」or「商業輸入」を選択されるわけですが、

最初のうちは、輸入する品物の物量が極端に多くなければ、

まずは、「個人輸入」での算出方法を把握しておけば大丈夫です。

 

個人輸入の関税算出方式

「個人輸入」の場合、課税対象額(商品代金 + 送料)の60%に課税されます。

 

「個人輸入」の関税算出方式は次の通りです。

課税対象額(商品代金 + 送料)× 60% × 関税率 = 課税額

※個人輸入の場合、課税対象額が¥10.000以下であれば免税扱いとなり関税は掛かりません

 

商業輸入の関税算出方式

「商業輸入」の場合、課税対象額の全てに課税されます。

 

「商業輸入」の関税算出方式は次の通りです。

課税対象額(商品代金 + 送料)× 関税率 = 課税額

 

関税率

『関税率』は、「簡易税率」「一般税率」に分けられます。

 

 簡易税率   一般税率  

 

「簡易税率」は ” 課税価格の合計額が20万円以下の場合に適用 ” される税率です。

また、商品の区分や品目によって細かく制定されていますので、

気になるようでしたら都度、税関で確認をした方が間違いはないです。

 

輸入品の消費税

輸入品には「関税」に併せて「消費税」も掛かってきます。。。(^^;)

 

課税対象額(商品代金 + 送料)× 60% × 0.08 = 消費税額

 

消費税もシッカリと忘れずに、計算に入れていきましょう

 

関税の手続きと支払い

関税の手続き及び支払いについて、基本的に何かをこちら側で行う事はありません

 

何故なら、海外から買い付けセラー(代行業者)が商品を発送する際に、

通関時に必要な書類(インボイス)を添付してくれます。

その書類(インボイス)をもとに関税が算出され、後日請求が発生する流れになります。

 

支払方法としては業者に寄り切りですが、

「銀行振込」「代金引換」、相談によっては「クレジットカード支払」も出来るようなので、

確認をしてみましょう。

 

関税と消費税の予測見積もり

輸入ビジネスにおいて、仕入れ商品を見積もる際には、

この「関税」「消費税」の金額も見込んでおかなければなりません。

 

しかし「関税」は、仕入れる商品の区分などで関税率が変わってきますから、

1円たりとも完璧に予測するなんて事は、限りなく難しいですし時間が勿体ないです。。。

 

ですので事前の見積もりとしては、

商品代金 × 10%

で予測しておけば、

実際の関税率との相違は、それ程まで差はなく落ち着くと思いますので、

ご参考にしてみて下さい^^

 

まとめ

以上、『輸入ビジネスでかかる関税と消費税の知識』について一緒に確認してきました。

 

正直、僕自身。。。

最初のうちは、この関税の存在が面倒であるという認識で取り組んでいた覚えはあります(笑)

やはり、ビジネスとしての「輸入ビジネス」を続けていくのであれば、

「お金」が絡む部分であるので、大まかな予測はしたうえで仕入れをしないと、

思っていたより利益が残らないという事になりかねません。。。

 

シッカリと「利益を上げていく」タメにも、

ある程度の『関税と消費税』については頭に入れて予測しながら、

「輸入ビジネス」に、取り組んで頂けたらと思います♪

 

記事の内容で分からない事や、気になる点がありましたら、お気軽にお問い合わせください☆

それでは、最後までお読みいただき誠にありがとうございました。

 

関連記事

  1. 日本とは違う中国の祝日をしっかり把握

  2. 中国輸入×Amazon販売で儲かる商品

  3. 輸入ビジネス初心者の心得とポイント

  4. 輸入ビジネスは初心者でも手軽!パソコンとやる気でスタート可能?

  5. 中国輸入ビジネスの魅力について

  6. 輸入ビジネスにおいて覚えておくべき法律

  7. クレジットカードの活用で資金を回転させる

  8. 中国輸入×Amazon販売×FBAのメリット

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CATEGORY

RECENT POSTS

SPECIAL POSTS

  1. Yahoo!ショッピング販売編

    【Yahoo!ショッピング】出店審査に必要な情報…
  2. Yahoo!ショッピング販売編

    【Yahoo!ショッピング】ストアクリエーター …
  3. メルカリ販売編

    【メルカリ】 中国輸入転売 売れる 商品画像リサ…
  4. Yahoo!ショッピング販売編

    【Yahoo!ショッピング】 中国輸入 販路先と…

CALENDAR

2020年4月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

★☆★クリックでもっと頑張ります★☆★