輸入禁止商品と輸入規制商品

こんにちは! 輸入ビジネスプレイヤー兼会社員のKurachiです。

今回の記事は、『輸入禁止商品と輸入規制商品』について解説させて頂きます。

 

前回の記事と同様に、海外からモノを輸入する際には厳守しなければならない、

様々な「規則」「規制」が存在します。

軽い気持ちで、仕入れてしまうと。。。

後から罰則を受ける事になり、

心も財布も ” Ouch!! ” と痛い思いをしてしまいます。。。(^^;)

 

例えると、

ある商品が、中国で買い付けてもらう段階で規制商品と分かれば、

代行業者によってはまだそこでストップしてくれるので、多少の時間ロスで済みますが、

その商品が、中国を出て日本に入ってきた時には、

税関で間違いなく引っ掛かり、申請が必要であったり、破棄をしなければならなかったり

最悪の場合、法律に沿った罰則を受ける事になってしまいます。。。

 

これはかなりの ” リスク ” を伴いますので、

決して軽く捉えずに、十分理解したうえで、健全にビジネスを実践していきましょう

 

輸入禁止商品について

輸入する際において、次に示す品目には輸入が禁止されており、特に注意が必要です。

 

  1. 麻薬、向精神薬、大麻、あへん、けしがら、覚せい剤、あへん吸煙具
  2. 指定薬物(医療等の用途に供するために輸入するものを除く。)
  3. けん銃、小銃、機関銃、砲、これらの銃砲弾及びけん銃部品
  4. 爆発物
  5. 火薬類
  6. 化学兵器の禁止及び特定物質の規制等に関する法律第2条第3項に規定する特定物質
  7. 感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第6条第20項に規定する一種病原体等及び同条第21項に規定する二種病原体等
  8. 貨幣、紙幣、銀行券、印紙、郵便切手又は有価証券の偽造品、変造品、模造品及び偽造カード(生カードを含む)
  9. 公安又は風俗を害すべき書籍、図画、彫刻物その他の物品
  10. 児童ポルノ
  11. 特許権、実用新案権、意匠権、商標権、著作権、著作隣接権、回路配置利用権又は育成者権を侵害する物品
  12. 不正競争防止法第2条第1項第1号から第3号まで又は第10号から第12号までに掲げる行為を組成する物品

(注)
 上記のほかに医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律、植物防疫法、   家畜伝染病予防法などにおいても輸入が禁止されているものがあります。 また、違法ではないと称して販売されているハーブやアロマオイル、バスソルトなどの商品の中には、「麻薬」や「指定薬物」にあたり、輸入が禁止されているものがありますので、ご注意ください。

【引用:税関 Japan Customs 輸出入禁止・規制品目より抜粋】

 

中でも身近な商品として特に注意が必要なモノを挙げてみると、

ブランドのコピー品・模倣品などの偽物品・海賊版商品などに要注意です!

 

メジャーなブランドが相場より遥かに安い場合は、まず偽物と判断して良いでしょう。

特に「中国は当たり前にコピー品が売られている」ので、

それが当たり前だという ” 心の準備 ” をして臨んで下さい。。。(^^;)

 

輸入規制商品について

輸入規制商品については、名前の通り禁止ではなく ” 規制 ” です。

 

輸入は出来ますが、その際には「日本国内の法令による制限」が生じるので、

各法令に沿った「許可」「承認」が必要になります。

知らずに仕入れを行ってしまうと、税関で止められてしまったり

罰則を受ける事になってしまいますので、十分に注意が必要です!

 

中でも、輸入ビジネスにおいて特に注意が必要な項目は、

  • 食品衛生法
  • 薬事法
  • 電気用品安全法
  • 電波法
  • 銃刀法
  • ワシントン条約

※「液体・磁石・リチウム電池」自体や、それらを含む商品は航空便での輸送が出来ないので、
 船便での輸送になります。

などが挙げられますが、

この項目と内容に関しましては、前回の記事で詳しく掲載しておりますので、

そちらをご参考にしてみて下さいね^^

【参考】「輸入ビジネスにおいて覚えておくべき法律」

 

まとめ

以上、『輸入禁止商品と輸入規制商品』について一緒に確認してきました。

 

「輸入ビジネス」は魅力的な面もありますが、

海外から商品を日本に仕入れるという行為がゆえに、様々な法律や規制が生じます。

 

今の時代、至る所で「コンプライアンス徹底の風潮」にあります。。。

” 知らなかった ” では済まされない事も多々ありますので、

「取り返しのつかない事」にならないタメにも、ルールはシッカリと頭に入れて徹底的に守り

健全な状態を維持しながら、輸入ビジネスに取り組んで頂きたいと思います♪

 

記事の内容で分からない事や、気になる点がありましたら、お気軽にお問い合わせください☆

それでは、最後までお読みいただき誠にありがとうございました。

 

関連記事

  1. 中国輸入×Amazon販売で儲かる商品

  2. 輸入ビジネスでかかる関税と消費税の知識

  3. 中国輸入ビジネスの魅力について

  4. 輸入ビジネスは初心者でも手軽!パソコンとやる気でスタート可能?

  5. 輸入ビジネスにおいて覚えておくべき法律

  6. 中国輸入ビジネスにおける売上入金までの流れ

  7. クレジットカードの活用で資金を回転させる

  8. 輸入ビジネス初心者の心得とポイント

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CATEGORY

RECENT POSTS

SPECIAL POSTS

  1. Yahoo!ショッピング販売編

    【Yahoo!ショッピング】出店審査に必要な情報…
  2. Yahoo!ショッピング販売編

    【Yahoo!ショッピング】ストアクリエーター …
  3. メルカリ販売編

    【メルカリ】 中国輸入転売 売れる 商品画像リサ…
  4. Yahoo!ショッピング販売編

    【Yahoo!ショッピング】 中国輸入 販路先と…

CALENDAR

2020年4月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

★☆★クリックでもっと頑張ります★☆★