【Amazon】出品者用アカウント&銀行口座の登録方法

Aloha~♪ テルです。

今回の記事は、Amazonで出品者として販売するためのファーストステップである、

『出品用アカウント登録』と、『専用銀行口座の登録』について、解説させて頂きます。

 

ちなみに、気を付けないとならないのが、

Amazonで商品を購入する時の「購入者用アカウント」ではなく、

” 全く別のアカウント ” になりますので、Amazon販売が初めてという方は、

必ず「アカウントの取得が必要」になりますので、この機会に登録を宜しくお願い致します。

 

また、それと並行して登録を澄ましておかなければならないのが、

『専用の銀行口座』です。

こちらは、Amazon販売をスタートしてから、

商品が売れると発生する、「売上金」が振り込まれる口座になりますので、

併せて、少々長くなりますが、同時に登録を済ませてしまいましょう!

 

ちなみに、自分にとって初めて「Amazon販売で売り上げが振り込まれた時」というのは、

何とも言えない嬉しさがあったことを今でも覚えています。。。(笑)

 

Amazon 出品用アカウントの登録

まずはじめに、Amazon出品用アカウントについて確認していきましょう。

 

出品用アカウントの取得

最初に、Amazon トップページ を開いて下さい。

 

上記画像のピンク枠を参考に、「Amazonで売る」をクリックします。

 

出品形態の選択 (大口出品 or 小口出品)

次の画面では出品形態を選択していきますが、Amazonで出品する際の選択として、

『大口出品』『小口出品』の2つの形態があります。

 

この記事をご覧になった皆さんが、輸入ビジネスを本格的に始めるという事であるならば、

間違いなく、『大口出品』がオススメなので、その形態で解説をさせて頂きます。

 

 

上記画像のピンク枠を参考に、「今すぐ登録する」をクリックします。

 

     ⇩

 


次に、「アカウント作成」欄を上から順に入力して、「Amazonアカウントを作成」をクリックします。

 

     ⇩

 

次に、「出品用アカウント設定」の入力になりますが、

「居住国 / 事業所の国」”日本” に選択されていることを確認してから、

「正式名称 / 販売業者名」を入力して、「出品規約」にチェックを入れたら、

「次へ」をクリックします。

 

     ⇩

 

続いて、「出品者の情報」を上から順番に入力していきます。

  • 表示名(店舗名) : Amazonのサイト内で公開・表示されるショップ名となります。
  • 住所・電話番号 : 必ずクレジットカードの請求先住所・電話番号と同一して下さい。
  • 運営責任者名 : 事業責任者の氏名をフルネームにて記入して下さい。

入力が終わりましたら、「同意して次に進む」をクリックします。

 

     ⇩

 

引続き、「クレジットカード情報」も上から順番に入力していき、

入力が終わりましたら、「保存して次に進む」をクリックします。

 

     ⇩

 

次に、「電話による本人確認」のページに進みますので、

あなたがすぐに対応できる電話番号を入力してください。

入力が終わり、「電話を受ける」をクリックしますと、電話がかかってくる流れとなります。

そして、画面に表示される「暗証番号(PINコード)」を入力して、本人確認の認証を行います。

 

     ⇩

 

正常にPINコードの認証が処理されると、「認証が正常に完了しました」の画面が開くので、

運営責任者名を入力して、「次へ」をクリックします。

 

表示される画面は、その時その時によって変わるかもしれませんが、

基本的に要領は同じなので、大丈夫です。

 

     ⇩

 

次に、「商品情報の入力」画面が開きますので、ここは「スキップする」をクリックで大丈夫です。

最後に、「セラーセントラルの画面」表示されたら、

以上で、「Amazon 出品用アカウントの登録」は完了となります。

 

少し長くなりましたが。。。 まだ終わりません。。。(笑)

 

特定商取引法に基づく表示

Amazonで「大口出品」にて販売を行う際には、

「特定商取引法に基づく表示」の記載が義務付けられています。

いずれにせよ、やらないといけない作業ですので、最初に完了させてしまいましょう!

 

トップページから、上記画像のピンク枠「出品用アカウント」をクリックします。

 

     ⇩

 

そうすると、「管理」画面が開きますので、右上の「設定」から下に広がるスクロールメニューの、

「情報・ポリシー」をクリックします。

 

     ⇩

 

次に、「出品者に関する情報とポリシー」の画面が開きますので、

上記画像のピンク枠「出品者情報」をクリックします。

 

     ⇩

 

「出品者情報」の画面が開きましたら、「デザインビュー」タブから必要事項を記載していきます。

上記画像を参考に、必要事項を入力してから「保存」をクリックしてください。

 

以上で、「特定商取引法に基づく表示」の設定は完了となります。

お疲れ様でした!!

と言いたいところですが。。。(汗)

このまま、「銀行口座情報の登録」もしちゃいましょう!

 

 

銀行口座情報の登録

最後に、これまた必須登録である「銀行口座情報の登録」を済ませてしまいましょう!

 

トップページ右上の「設定」から下に広がるスクロールメニューの、

「出品用アカウント情報」をクリックしてください。

 

     ⇩

 

次に、「銀行口座情報」をクリックして、必要事項を入力し、「送信」を押して完了となります。

 

長くにわたり、お疲れ様でした!!

以上で、「Amazon出品者用アカウント登録」に関する登録が完了しました。

 

最初は、面倒な作業に思えますが。。。

Amazonで販売をする上では、必ずやらなければならない作業になりますので、

最初にやってしまえば楽ですし、1度行えば再度やるということは暫くないと思います。

これから「Amazonでビジネスをさせて頂ける!」という気持ちで、

サクッと手続きを済ませてしまいましょう♪

 

記事の内容で分からない事や、気になる点がありましたら、お気軽にお問い合わせください☆

それでは、最後までお読みいただき誠にありがとうございました。

 

   

関連記事

  1. 【BANK】輸入ビジネス専用の銀行口座

  2. 【Paypal】ペイパルアカウントの登録方法とメリット

  3. 【mercari】メルカリの登録方法

  4. 【FBA】Amazon FBA サービスの登録方法

  5. 【Environment】輸入ビジネスに最適なPCとネット環境

  6. 【Job Performance】Google chromeのブックマ…

  7. 【Money】輸入ビジネスに必要なクレジットカード

  8. 【Google Chrome】輸入ビジネスにオススメのブラウザ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CATEGORY

RECENT POSTS

SPECIAL POSTS

  1. BLOG

    サーフボード試乗会 CRYSTAL DREAMS…
  2. 中国商品仕入れ編

    【BANRI②】中国輸入代行業者 ”BANRI”…
  3. 中国商品仕入れ編

    【BANRI①】中国輸入代行業者 ”BANRI”…
  4. 輸入ビジネスツール編

    【Evernote】第二の脳 ”エバーノート” …

CALENDAR

2019年10月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

★☆★クリックでもっと頑張ります★☆★