商品リサーチ編

【ASIN】Amazon内での同商品検索に便利な ”ASINコード”

どうも、輸入ビジネスプレイヤーのKurachiです

今回の記事は、『Amazon内での同商品検索に便利な ”ASINコード”』について解説させて頂きます。

 

この「ASINコード」というのは、Amazonが独自に設定している商品コードの事で、

読み方は人によって多少の違いはあるかもですが、

「エイシンコード」と呼ばれ、「Amazon Standard Identification Number」の略語です。

 

Amazonグループが取り扱う、

書籍以外の商品(CD、DVD、ビデオ、ソフトウェア、ゲームなど)を識別するタメの10桁の番号で、

それらの商品詳細ページに記載されています。

 

ASINコードの記載場所

「ASINコード」は書籍以外の商品詳細ページや、そのURL欄にも記載されています。

 

商品の情報欄

 

商品ページを少し下へスクロールしていくと、「商品の情報」という欄が出てきます。

その欄の右側、「登録情報」の項目に「ASIN」という欄がありますね^^

そこに記載されている、「10桁のコード」が ” ASINコード ” になります。

 

ページURL欄

 

商品詳細ページ以外でも、画面上部の「URL欄」にも表示されています。

上記画像ピンク枠のあたりで ” dp/○○○○○○○○○○/ ” と表示されている、

〇部分の10桁の番号がそうです。

前項目でお伝えした、「商品の情報欄に記載されているASINコード」と相違はないはずです。

 

ASINコードの意義

「ASINコード」各国のAmazonで共通の商品コードになります。

 

日本のAmazon
https://www.amazon.co.jp/dp/B006M6T0IE

アメリカのAmazon
https://www.amazon.com/dp/B006M6T0IE

ただし、たまに同じ商品でも「ASINコードが違う場合」があるので注意も必要です(^^;)

 

とはいえ、Amazon上でこのコードを活用すれば、

簡単に同じ商品を見つける事ができます。

 

各国のAmazonから商品を仕入れる場合の商品検索や、

国内のAmazon内での同品なのかを調べる場合などには、とても効率的な検索手段になります。

わざわざ日本語から各国語に変換しないでも良いわけですからね^^

 

まとめ

以上、『Amazon内での同商品検索に便利な ”ASINコード”』について一緒に確認してきました。

 

商品リサーチの時に見つけた仕入れ候補の商品は、

リストアップして一覧を作成していきますが、

その時に必ず「ASINコード」も記録していきます。

 

なぜなら、「その商品を出品する時」「その商品を見つける時」に、

わざわざ商品名とかで検索しなくても、「ASINコード」だけでパッと探せるからです!

 

全ては効率化のタメです^^

貴重な時間を少しでも節約できるように

活用できるものは活用して、上手にビジネスを進めて頂きたいと思います♪

 

記事の内容で分からない事や、気になる点がありましたら、お気軽にお問い合わせください☆

それでは、最後までお読みいただき誠にありがとうございました。

 

ABOUT ME
Kurachi
輸入ビジネスプレイヤー 2019年副業で月商500万円達成 副業で得た利益で家族と外食をしたり旅行に出かけたり、 趣味の音楽や釣りなどを楽しみ家族三人と幸せに生活しています。