商品リサーチ編

【Basis】Amazonについての確認と登録方法

どうも、輸入ビジネスプレイヤーのKurachiです

今回の記事は、『Amazonについての確認と登録方法』について解説させて頂きます。

 

これから「Amazonというフィールド」をメインとして、

「中国輸入ビジネス」の活動をさせて頂く事になるかとは思いますので、

そのフィールドに対する理解と基本的な使い方を、この機に深めておきましょう^^

 

それでは早速内容を一緒に確認していきます。

 

Amazon.co.jpとは

「Amazon」は、本拠地がアメリカのワシントン州シアトルにある「WEB通販サイト」で、

元々は、インターネットで本を売るという斬新なビジネスを最初に始めた会社です。

今や皆さんご存知の通り、ありとあらゆるモノを扱いインターネットで販売する、

世界最大規模のECサイトとして君臨しています!

 

正式名称は、「Amazon.com Inc」(アマゾン・ドット・コム・インク) と呼び、

「Amazon.co.jp」(アマゾン・ドット・ジェーピー) は日本語バージョンとなります。

 

創業者の ” ジェフ・ベゾス ” は、

「地球上でもっともお客様を大切にする企業であること」

「常にお客様からスタートして、お客様の立場でいろんなことを考える」

「地球上で求められるありとあらゆるものを探し求め発見し、購入できる場を提供したい」

として、

” この世の中でお客様が1番大切な存在である ” というビジョンを掲げ展開しました。

 

日本とアメリカ以外では、中国・イギリス・フランス・イタリア・ドイツ・カナダに、

WEBサイトがあります。

 

顧客目線の便利なサービス

様々な支払いサービス

” クレジットカードを利用したくない人 ” や ” 利用できない人 ” は、

手数料無料の「コンビニ先払い」や、

「プリペイドカード(Amazonギフト券・Amazonショッピングカード)」の利用が便利です。

また、確実に商品を手にしてから代金を支払いたいという人のタメに、

「代金引換(手数料かかる)」も利用できます。

 

便利な宅配サービス

基本的には、クロネコヤマト運輸・佐川急便・日本郵便(Japan Post)で配達されますが、

クロネコヤマト便での配達が多いように感じます。

また自宅に届けたくないもの、ポストに届く商品の盗難、受け取り時間の制約等への、

心配をされる方には、近くのローソンやファミリーマートでの受け取りができる、

「コンビニ受け取り」サービスがあります。

【参考】「Amazonヘルプ&カスタマーサービス 店頭受取について」

 

有償プレミアムサービス

Amazonには「有償プレミアムサービス」があります。

 

上記サービスが使いたい放題の、

学生向けの、

 

※以上は有償サービスですが「代金引換」の時は、「代引手数料315円」が掛かります。

 

商品検索方法

基本の検索方法

一般的な通販サイトと同様に、ページの検索窓にキーワードを入力して商品を検索します。

 

希望のカテゴリーを指定して検索すれば、ある程度の関連付けされた商品を探せますが、

曖昧な検索をしてしまうと、検索結果が多すぎて探しずらい事も多々あります。

そのような場合は、Googleの検索窓で「Amazon ○○○○」と検索してみて下さい。

探している商品が必ず上位に出てくるので、見つけやすく、とても便利です^^

 

サジェスト検索

また、自分や他人の「購入履歴」から自動で「関連商品」を推測して表示してくれる、

「サジェスト機能」もついており、「この商品を見た後に買っているのは?」の欄に、

表示される商品から紐づけして探せたり、購入したりできるのも嬉しい機能です。

 

欲しいものリスト

” 購入に迷っている商品 ” や ” 他の人に購入してほしい商品 ” などを「リスト化できる機能」で、

原則として非公開ですが、設定を変えれば公開も可能です。

ただし気を付けなければならないのが、設定がそのままだと本名で公開されてしまう可能性もあるので、

インターネット上に公開する場合は要注意です。

【参考】「Amazonヘルプ&カスタマーサービス ほしい物リストについて」

 

お支払方法

基本的に、クレジットカードや、Amazonギフト券での支払いに制約はありませんが、

「Amazon.co.jp以外の出品者」は代金引換の利用ができません。

逆に、「Amazon.co.jpが発送」と書いてある商品は利用できます。

 

「コンビニ・ATM・ネットバンキング・Edy」などの支払いは一部出品者のみ対応可能です。

 

また、クレジットカードと同様の扱いで処理ができる、

「デビットカード」「Vプリカ」などの使用も可能ではありますが、

発注後の注文内容等が変更になった時は、2重で代金の引き落としが発生する事もあるので、

注意が必要です。

【参考】「Amazonヘルプ&カスタマーサービス プリペイドカードのご利用について」

 

返金・返品

基本的に、「商品の返金と返品は商品到着後30日以内」と定められています。

期間を過ぎてから返品された場合は、20%減額された金額が返金されます。

詳しくはリンクを参考にしてみて下さい。

【参考】「Amazonヘルプ&カスタマーサービス 返品・交換の条件に付いて」

 

 

Amazonユーザー登録方法

Amazonも他のショッピングサイトと同様に、ご自身の「アカウント登録」が必要です。

最初に登録をしてしまえば、次からはログインするだけなので簡単です^^

まず最初に「Amazonトップページ」を開いて下さい。

 

次に、上記画像ピンク枠の「サインイン」をクリックします。

 

     ⇩

 

上から順番に各項目を入力して、最後に「Amazonアカウントを作成」をクリックします。

パスワードは忘れないようにして下さい

 

     ⇩

 

するとトップページに切り替わり、最初にクリックしたサインインの部分に設定した、

アカウント名が表示されているはずです。

以上で、「Amazonユーザーアカウント登録」は完了です^^

 

まとめ

以上、『Amazonについての確認と登録方法』について一緒に確認してきました。

 

基本的な事ですが、中には知らなかった事もあったのではないでしょうか?

今後のビジネスを展開していく上で大切なフィールドとなるAmazonについて、

色々と知っておく事は、決して無駄ではありません^^

Amazonについて分からない事があれば、すぐ検索して常に理解を保ちながら、

「中国輸入ビジネス」を実践して頂きたいと思います☆

 

記事の内容で分からない事や、気になる点がありましたら、お気軽にお問い合わせください☆

それでは、最後までお読みいただき誠にありがとうございました。

 

ABOUT ME
Kurachi
輸入ビジネスプレイヤー 2019年副業で月商500万円達成 副業で得た利益で家族と外食をしたり旅行に出かけたり、 趣味の音楽や釣りなどを楽しみ家族三人と幸せに生活しています。