商品リサーチ編

【Google URL Shortener】短縮URLの活用方法

どうも、輸入ビジネスプレイヤーのKurachiです

今回の記事は、『Google URL Shortener 短縮URLの活用方法』について解説させて頂きます。

 

前回に引き続いての ” Googleにより提供されているサービス ” になりますが、

中国輸入ビジネスにおいて「Google」は、本当に頼れる頼もしい存在で、

無くてはならないサービスであると感じます^^

 

その様々な活用できるサービスの1つとして、「Google URL Shortener」も位置付けています。

もちろん無料で利用ができるので、使わない理由はありません。。。的な。。。(笑)

 

では早速、内容を確認していきましょう!

 

Google URL Shortener について

「Google URL Shortener」は、2009年12月14日に「Google」が提供を始めた、

無料の ” 短縮URLサービス ” です。

 

簡単に説明すると ” 長いURL(アドレス)を短いURLに変換する機能 ” と表現できます。

 

長いURLのデメリット

「長~いURL」って、1度は見たことがあるとは思いますが。。。

 

例えばこういうのです。。。

     ⇩

https://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&url=search-alias%3Daps&field-keywords=%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83
%A9%E3%83%B3%E3%83%89

 

このような長いURLはWEBの構成上、どうしてもなってしまう場合が多いので仕方がないのですが、

お気に入りのリンクをシェアしたり、リストアップして保存しておきたい時などに、

そのままの長~~いURLだと、見栄えも良くないですし、

間違ったリンクになってしまうリスクがあります。。。

例えば上記のように ” URLが改行 ” されたりした時です。。。

そうなると、

折角のリンクが。。。相手にも自分にも表示されないといった不具合を招いてしまいますよね。

 

また、「アフィリエイト」・「メルマガ」・「SNS」などの ” クリック率 ” が重要な場合は、

長いURLよりは ” 短いURLの方が圧倒的にクリック数が高い ” という統計もあります。

 

そのような長~いURLを「Google Translate」を使って短いURLに変換すると。。。

     ⇩

https://goo.gl/HgQq7J

こんなに短くスッキリとしたURLに変わってしまうのです^^

 

短縮URLのメリット

「長~いURLを短いURLに変えられる」という事は分かって頂けたと思いますが、

短縮URLにすると、どのようなメリットがあるのか確認してみましょう。

 

見た目が良い

例えば、長々としたURLを送られてきた時。。。

見るだけで少し抵抗というか、スッキリしない感じがしませんか?

「短縮URL」にすると、スペースも使わないで済むので ” 断然見栄えが良く ” なります。

 

クリック数が上がる

長いURLに比べると ” 短縮URLの方がクリック数が高い ” という統計があります。

確かに比べてみてみると、クリックしたいと思うのは短いURLの方でしょうか。。。(^^;)

 

相手に伝えやすい

コピペができれば問題ありませんが、

時には、手書きや口頭で相手に伝えなければならない場面もあるかもしれません。。。

そんな時は、短いURLの方が「相手には伝えやすい」ですよね。

 

アクセス分析ができる

Google Translate Shortener」を使ってURLを短縮した場合、

その短縮URLの末尾に「+」を付ける事で、アクセス分析の画面を生成する事ができます。

https://goo.gl/HgQq7J+

 

そして、そのアクセス分析画面からは、

  • クリック数
  • いつクリックされたのか?
  • どこからクリックされたのか?
  • 使用されたブラウザ
  • クリックのあった国
  • 使用しているプラットフォーム

などの情報を見る事が可能になり、

何かと便利な機能が利用できるので、オススメです^^

 

短縮URLのデメリット

やはり、メリットもあればデメリットもありますので確認しておきましょう。

 

リンク先が分からない

変更されたURLからは、行き先がどのようなサイトなのかが分かりません。

気を付けないと、悪意のあるサイトに引っ掛かる可能性もあり得るという事です。。。

 

短縮URLは消せない&変更できない

1度作った短縮URLは、消せませんし、リンク先を変える事ができません。

そのリンク先が存在する限り永遠と存在してしまいます。

 

URLが覚えづらい

自動で生成された「短縮URL」は、数字や記号が変則的に並んで生成されるので、

キーワードに比べると、記憶に残らず覚える事が難しくなります。

 

ドメインが隠れてしまう

せっかく創った ” あなたのドメイン ” が隠れてしまうので、

訪問したユーザーは、自分がどこのサイトに来ているのかが分からなくなる可能性があります。。。

 

速度が遅くなる

「Google URL Shortener」は、リダイレクト機能を使って本来の長いURLに接続しますので、

経由するサーバーが増える事により、表示速度が少し遅くなるようです。

 

永続性が保証されていない

どのサービスにも共通して言える事ですが、

そのサービスがもしも終了してしまったら、もちろんですがサービスの継続は不可能です。

そこは念頭に入れたうえで、利用する気持ちが必要です。

 

Google URL Shortener の使い方

では実際に、「Google URL Shortener」の使い方を確認してみましょう!

最初に、「Google URL Shortener」 を開いて下さい。

 

ページを開いたら、

①「私はロボットではありません」のチェックを行ってから、

②「短縮したいURL」を入力して、

③「SHORTEN URL」をクリックします。

 

     ⇩

 

すると「短縮URLが生成された」という画面が出てきますので、

①「コピーマーク」をクリックすると。。。

②「短縮URLをコピーしました」という印が出てきて、「URLをコピーした状態」になります。

③ ページを閉じます。

 

あとは、希望の場所にペーストをするだけです^^

 

その都度、「Google URL Shortener」を開いても良いのですが、

「Googleアカウント」をお持ちなら、そのアカウントでログインしておけばスムーズです。

「私はロボットではありませんのチェックも不要」ですし、

「短縮URLを生成した履歴」も残っており、さかのぼってのコピーも可能となります^^

 

まとめ

以上、『Google URL Shortener 短縮URLの活用方法』について一緒に確認してきました。

 

「中国輸入ビジネス」において言える事は、Googleが提供するサービスは様サマであり、

どれをとっても非常に便利でありますが、

今回のように。。。デメリットもありますので。。。

そこは最初にシッカリと念頭に置いて、利用するようにして下さいね♪

 

記事の内容で分からない事や、気になる点がありましたら、お気軽にお問い合わせください☆

それでは、最後までお読みいただき誠にありがとうございました。

 

ABOUT ME
Kurachi
輸入ビジネスプレイヤー 2019年副業で月商500万円達成 副業で得た利益で家族と外食をしたり旅行に出かけたり、 趣味の音楽や釣りなどを楽しみ家族三人と幸せに生活しています。