商品リサーチ編

【Sales Plan】Amazon中国輸入販売での相乗り出品と新規出品

どうも、輸入ビジネスプレイヤーのKurachiです

今回の記事は、『Amazon中国輸入販売での相乗り出品と新規出品』について解説させて頂きます。

 

これから始めるであろう「中国輸入 × Amazon販売」において、

出品方法を大きく分けると、

「相乗り出品」「新規出品」に分けられ、ビジネスを展開していける事になります。

 

それに伴って「商品リサーチ」も、

それぞれの出品方法に対する「考え方や戦略」などが変わってきます。

 

そもそも、「相乗り出品」「新規出品」って何だろう?

的な。。。疑問を抱いているかも知れませんので、

ビジネスを始める前に、その点をシッカリと理解していきましょう!

 

相乗り出品について

「相乗り出品」とは、その名の通り ” すでに販売されている商品に乗っかって出品する ”

という販売方法から、相乗り出品と呼ばれています。

 

という事は、何人もの同じ商品を販売している「ライバルセラー」の中に乗り込んで、

商品を販売していかなければならない、という販売手段になります。

 

その昔、「あいのり」って言うフジテレビで放送されていた、

恋愛バラエティー番組にハマって、観ていた記憶がよみがえります。。。(笑)

 

相乗り出品のメリット

それでは「相乗り出品のメリット」について確認してみましょう!

 

  • その商品の販売実績や過去のデータを基にした予測が立てやすい。
  • 利益が発生するまでの時間が早い。
  • 次から次へと芋づる式に需要のある商品が見つかる。

 

その商品の販売実績や過去のデータを基にした予測が立てやすい

「相乗り出品」では ” 現状にて売れている商品 ” を見つけて販売します。

 

今は「モノレート」などの様々な、「商品リサーチツール」がありますので、

それらのツールを活用する事で、” 過去から現在に至るまでの販売実績や現在の売れ行き ” などの、

「需要と供給のバランス」をデータとして得る事ができます。

 

物販において、販売する商品のデータを把握した上で販売が見込めるという事は、

かなりの強みですし、メリットであると言えるでしょう^^

 

利益が発生するまでの時間が早い

現時点で販売実績のある商品を扱う「相乗り出品」では、

当然の如く、出品してから売れるまでのスピードがとても早いです。

 

商品仕入前の「リサーチ力」がレベルアップしてくると、

比例して ” 売れる商品 ” を探せるようになるので、出品したその日のうちに「即売」される事も、

普通に発生してくるでしょう。

 

販売した商品が「即売」されるという事は、「売上げ・利益」の回収が早いという事なので、

次の商品の仕入れに資金を回しやすくなり、キャッシュフローが良い状態と言えますし、

Amazonの倉庫代も節約できるというメリットが多くあります^^

 

次から次へと芋づる式に需要のある商品が見つかる

「相乗り出品」は説明しました通り、既に存在する商品に相乗って販売するビジネスモデルです。

 

という事は、その商品を販売している「ライバルセラー」が存在するという事になります。

考えてみると ” ライバルセラー = 売れる見込みのある商品を扱っているセラー ” 

という事になりますので、そのセラーが扱っている商品をリサーチしていけば、

同じように「売れる商品を次から次へと探せる可能性が高い」という事になります!

 

相乗り出品のデメリット

逆に「相乗り出品のデメリット」に関しても確認しておきましょう。

 

  • 販売セラー同士の価格競争が発生しやすい。
  • 商品の売れる旬が短め。
  • 販売商品のリサーチを緩めると売り上げが下がる。

 

販売セラー同士の価格競争が発生しやすい

「相乗り出品」では、メリットでも説明した通り「売れている商品に相乗って販売」する、

という手段になりますが、

イコール、「自分が出品している商品も相乗りされる」という意味でもあります。。。

 

このように、同商品を出品するライバルセラーが増えてくれば増えてくるほど、

「カート獲得」が難しくなってくるので、自然と「販売価格の下落」が発生してしまいます。

 

しかしこれは、ご自身が「相乗り出品」をしている以上、

” 必ず発生する出来事なので冷静に対処していく事 ” で乗り切らなければなりません。

 

商品の売れる旬が短め

前項目と関連付く内容となりますが、

「相乗りされる商品」という事は、「商品の価格崩壊」が発生しやすい商品となります。

 

仕入前にシッカリと商品リサーチをしたとしても、

その ” 販売予測通りの状態を長期間キープ ” するという事は、かなり難しい事ですので、

「相乗り出品」は ” 短期間勝負 ” の気持ちで取り組んで頂けたらと思います。

 

販売商品のリサーチを緩めると売り上げが下がる

「相乗り出品」では ” 商品の価格崩壊が発生しやすく旬が短い ” という事から、

次から次へと、新たな売れる商品をリサーチしていかなければ、

販売する商品が途切れてしまう事になりかねません。。。

 

販売する商品がなければ、物販ビジネスは成り立たなくなるので、

当然ながら、売上げや利益が上がらなくなるという事になります。

 

ですので、相乗り出品では「常にリサーチを緩めず継続する」事が肝心となります。

 

新規出品について

「新規出品」とは、その名の通り「新規で商品ページを作成して売る」という手段になります。

 

Amazonでまだ売られていない商品を出品したり、

相乗り商品からピックアップして独自ブランド化して出品したり、

「新規出品」のやり方は何通りか存在します。

 

相乗り出品と同じように、「新規出品」メリット&デメリットを確認してみましょう。

 

新規出品のメリット

 

  • 商品の独占販売が出来るのでライバルセラーとの競争とは無縁。
  • 出品商品ページの資産化が望める。

 

商品の独占販売が出来るのでライバルセラーとの競争とは無縁

何と言っても「新規出品」最大のメリットは ” ライバルセラーが不在 ” と言う事でしょう。

「相乗り出品」との差は、ライバルセラー同士による価格競争が起きないので、

ライバルセラーに左右されず、ご自身が設定した価格で販売とコントロールができるという点です。

価格競争が起きないという事は、予測した売り上げ&利益が長期的に見込めるという、

嬉しい意味合いであると言えます^^

 

出品商品ページの資産化が望める

ご自身で創った「新規出品ページ」がある程度育ちお客様のアクセスが増えてくると、

長期的に見て、その商品ページが放っておいても売り上げを上げてくれますので、

あとは定期的に在庫を補充するだけの作業で収益が見込める、

「資産化オリジナルページ」へと成長してくれることでしょう。

 

新規出品のデメリット

 

  • 出品時における知識と対策、出品後のマーケティング戦略が必要。
  • 収益発生までに時間がかかる。

 

出品時における知識と対策、出品後のマーケティング戦略が必要

「新規出品」すると言う事は、その商品を「ご自身オリジナルのブランド化」にすると言う事です。

Amazonでは「新規オリジナルブランドとしての基準」が設定されておりますので、

その基準を満たし、ライバルセラーが簡単に相乗りしてこないような商品ページにする事が大切です。

 

尚且つ「新規出品」して喜んではいられません。。。

「新規出品」したばかりの商品ページは ” まだ誰も訪れていない真っ新のページ ” を意味します。

お客様の訪問数である、アクセス数を増やしていく様々な対策を講じていくタメには、

マーケティング戦略もシッカリと考える必要があります。

 

そのような意味から考えると、相乗り出品に比べれば難易度が高いと言えるでしょう。

 

収益発生までに時間がかかる

相乗り出品は、現時点で売れている商品に相乗って販売するので、

出品した直後にすぐ売れるという事は多々あり得るという事は、お伝えした通りですが、

「新規出品」の場合は、前項目でお伝えした通り「出品してからの戦略」が必要になります。

 

商品の需要によっても様々なので一概には言えませんが、

軌道に乗り安定したページになるまでの日数として数週間は考えておくべきと言えます。

 

中国輸入ビギナーが歩むべき戦略

ここまで「中国輸入ビジネス × Amazon販売」における、

「相乗り出品」と「新規出品」について説明をさせて頂き、

互いに ” メリット&デメリット ” が存在するという事はご理解頂けたと思いますが、

その点を踏まえた上で、「ビギナー向けオススメの道順」をお伝えします。

 

それは、

相乗り出品 ⇨ 利益10万円以上達成! ⇨ 相乗り&新規出品 ⇨ 利益拡大&安定化‼

の道順です。

 

中国輸入ビギナーとしては、まず「相乗り出品」で中国輸入の基礎を固め

尚且つ、収益も上げていきながらキャッシュフローをキープします。

そこで1つの壁である ” 1ヶ月間で利益10万円の達成 ” を超える事ができれば、

自然とそれに比例して「あなたの中国輸入スキル」は確実に成長しています!

 

そのレベルに成り上がった状態で「新規出品」にも並行して取り組めば、

スムーズに「独自ブランド化した新規商品の販売」が可能になる事でしょう^^

 

まとめ

以上、『Amazon中国輸入販売での相乗り出品と新規出品』について一緒に確認してきました。

 

今回の内容は「中国輸入 × Amazon販売」の基本中の基本として、

ビギナーがシッカリと理解しておく必要がある内容となっております。

僕自身も、この流れに沿って収益を上げる事ができました^^

 

Amazon販売においての「相乗り出品」「新規出品」の意味合いを学び、

それぞれのメリットを最大限に活かして実践していけば、必ず結果として形になるはずです!

先ずは、「相乗り出品」で ” 1ヵ月間で利益10万円 ” を達成していきましょう♪

 

記事の内容で分からない事や、気になる点がありましたら、お気軽にお問い合わせください☆

それでは、最後までお読みいただき誠にありがとうございました。

 

ABOUT ME
Kurachi
輸入ビジネスプレイヤー 2019年副業で月商500万円達成 副業で得た利益で家族と外食をしたり旅行に出かけたり、 趣味の音楽や釣りなどを楽しみ家族三人と幸せに生活しています。