中国商品仕入れ編

【Exhibition limit】仕入の前に ”出品制限” の確認をする必要性

どうも、輸入ビジネスプレイヤーのKurachiです

今回の記事は、『仕入の前に ”出品制限” の確認をする必要性』について解説させて頂きます。

 

仕入前と言うか。。。

” 商品リサーチをしている最終段階で確認 ” をしておいた方が無難なプロセスになるでしょう。

 

ここを1工程プラスしておけば、あとでガックリせずに済みます(笑)

何故わざわざ「出品制限の確認」をする必要があるのか?

僕の体験を基に少しでもお役立てできればと思います^^

 

では早速、内容を確認していきましょう!

 

Amazon 出品制限商品について

Amazon出品制限とは、

「一部のメーカー品や商品カテゴリーにおいてはAmazonの出品許可が必要」的なルールの事です。

 

出品制限商品を大きく分けると。。。

  • Amazonで「販売できる商品」及び「販売できない商品」がある
  • Amazonに「事前申請をして承認されたら出品できる商品」もある
  • そもそも「事前申請も受け付けず出品自体が不可能な商品」もある

というような内容になっています。

 

出品制限商品の種類

それに伴って、出品制限商品の種類は次のように分けられます。

 

大カテゴリに対しての制限

現時点で、「大カテゴリに対しての出品制限」は次の通りです。

 

  • ジュエリー
  • 時計
  • Amazon限定商品
  • イタリア製品
  • ストリーミングメディアプレイヤー

こちらのカテゴリに属する商品を出品したい場合は、事前に申請をして承認を受ける必要があります。

「カテゴリ単位での申請&承認が必要」であるという事です。

 

ブランドやメーカーに対しての制限

現時点で、「ブランドやメーカーに対しての出品制限」はかなり多く定められています。

 

  • LEGO(レゴ)
  • Canon(キャノン)
  • SONY(ソニー)
  • Panasonic(パナソニック)
  • etc…

この例は、ほんのわずかな一部であるうえに、

実際に商品登録してみないと分からない場合もあるので、少々面倒に思えるかもしれません。

 

この場合、大カテゴリでは出品できたとしても「そこから先の絞った小カテゴリでは出品ができない」

というような事が起こり得る可能性があります。

こちらに属する商品を出品したい場合は、

「ブランドやメーカー単位での申請&承認が必要」であるという事です。

 

出品制限対象商品

Amazonは兎にも角にも「顧客第一主義」ですので、

” 顧客に少しでも危険が及ぶようなモノ ” に対しては細かく制限が定められています。

 

【引用】「Amazon セラーセントラルヘルプ」

このような制限を把握せずに、仕入れた商品を出品しようとすると。。。

いざ「出品ができない!」というトラブルが発生してしまう事も ” 無きにしも非ず ” です。

 

Amazon 出品制限の有無を確認する方法

それではAmazonで販売されている商品に対して、

「出品制限がかかっている商品なのか?そうではないのか?」を、

どのように判断したら良いのか、実際に商品を見ながら確認してみましょう!

 

出品制限有の確認方法1

 

今回は世界中でお馴染みの「LEGO(レゴ)」で実演をしていきますね。

商品ページが開けたら、

商品ページ右下の「マーケットプレイスに出品する」をクリックします。

 

     ⇩

 

すると ” 警告マーク付き ” で「出品制限事項があります」と表示されています。

 

出品制限有の確認方法2

 

セラーセントラルの上部メニューから「在庫メニュー」から「商品登録」をクリックします。

 

     ⇩

 

商品登録のページが開くので「商品を1点ずつ登録する」の検索欄に「ASINコード」を入力して、

検索をクリックします。

 

     ⇩

 

すると次のページで「出品するボタン」が見当たりません。。。

という事は、出品がスムーズに行えない商品であると判断できます。

 

出品制限無の確認方法(出品が普通にできる商品)

 

通常、何の問題もなく普通に出品できる商品の場合は「出品するボタン」が表示されています^^

 

これから仕入れを考えている商品を出品する際に、この「出品するボタンが表示されているのか?」を、

必ずチェックするようにしましょう!

 

まとめ

以上、『仕入の前に ”出品制限” の確認をする必要性』について一緒に確認してきました。

 

このように、「Amazonでは色々なカテゴリやブランド等に出品制限」を定めています。

ハッキリとした目的は正直分かりませんが、

ネット上などで飛び交っている噂は憶測でしかありません。。。

 

また、Amazonの規約も一方的に変更されるので、

” Amazonから通知されるメールやセラーセントラルヘルプなどを良くチェックする ”

などの習慣を常日頃から身につけておくべきでしょう。

 

基本的に「Amazonはお客様を第1」として考えています。

僕たち輸入ビジネスプレイヤーは、「Amazonというフィールドを借りてビジネスをさせて貰っている」

という考えを忘れずに取り組めば、大きな失敗はせずに進める事ができるはずです。

 

兎にも角にも、「商品を大量に仕入れてから出品できない」って知るのは非常に悲しくなります。。。

そうならないタメにも ” 仕入前に必ず出品制限の有無 ” を確認して下さいね♪

 

記事の内容で分からない事や、気になる点がありましたら、お気軽にお問い合わせください☆

それでは、最後までお読みいただき誠にありがとうございました。

 

ABOUT ME
Kurachi
輸入ビジネスプレイヤー 2019年副業で月商500万円達成 副業で得た利益で家族と外食をしたり旅行に出かけたり、 趣味の音楽や釣りなどを楽しみ家族三人と幸せに生活しています。