中国商品仕入れ編

【Import expenses】輸入ビジネスにおける経費とその算出方法

どうも、輸入ビジネスプレイヤーのKurachiです

今回の記事は、『輸入ビジネスにおける経費とその算出方法』について解説させて頂きます。

 

輸入ビジネスを完結させるタメには大きく分けて2つの経費が掛かり、

「海外から日本に輸入する際に掛かる経費」「国内で販売するまでに掛かる経費」があります。

 

ビジネスにおける経費の算出は、どの分野のビジネスにおいても必ず必要で大切な事です。

この経費算出を怠ってしまうと、

せっかく「利益を出すタメに始めたビジネスで赤字を出してしまうリスク」があります。

これでは ” 本末転倒 ” になってしまいますよね?

 

確かに面倒ですが。。。僕的には(笑)

今後ビジネスプレイヤーとしてやり続けるのであれば ” あなたは個人事業主 = 社長 ” です!

「ビジネスにおいて最重要項目」と言っても過言ではありませんので、

シッカリと理解して慣れておく事をオススメします。

 

では早速、内容を確認していきましょう!

 

輸入する時に掛かる経費

「海外から国内に商品を輸入する際に掛かる経費」は次のようになっています。

 

  • 商品代金
  • 関税
  • 消費税
  • 国際送料
  • 輸入代行手数料一式

 

商品代金

そのままですが、中国輸入で言えば「アリババ」「タオバオ」商品を購入する時の商品代です。

 

関税&消費税

「海外から日本国内へ商品を輸入する際に徴収される税金」の事です。

詳しくは別の記事を参考にしてみて下さい。

【参考】「輸入ビジネスでかかる関税と消費税の知識

 

国際送料

「海外から日本国内へ商品を輸入する際に掛かる送料」の事です。

輸入代行業者を利用したならば、基本的に見積もりに算出されています。

 

輸入代行手数料一式

ほぼ×2利用するであろう「輸入代行業者に支払う手数料」で、

「手数料」「ラベル代」「中国輸入で言えば中国国内送料」「その他オプション代」

などの事を指します。

 

これらをまとめて「輸入経費」として算出していきます。

 

国内で掛かる経費

次に「国内に輸入されてから販売までに掛かる経費」を確認してみましょう。

 

  • 日本国内送料
  • Amazon FBAサービス&販売手数料

 

日本国内送料

「海外から輸入された商品が指定した倉庫まで運ばれる際に掛かる送料」の事です。

輸入代行業者によっては最初から代行手数料に含まれているパターンもあります。

 

Amazon FBAサービス&販売手数料

「AmazonのFBAサービスを利用して販売を行う場合に掛かる経費」の事です。

詳しくは別の記事を参考にしてみて下さい。

【参考】「Amazon FBA サービスの登録方法

 

これらをまとめて「国内経費」として算出していきます。

 

最終トータル経費

輸入ビジネスで掛かる「経費のトータル」は次の通りです。

 

「輸入経費」+「国内経費」=「最終トータル経費」(経費)

 

これが「最終的に支払わなければならない経費の合計」になります。

他にも細かい事を言えば掛かってくる経費もあるかと思いますが、

とりあえずこの経費を見込んでおけば大丈夫です!

 

利益は販売価格からこの経費を差し引けば算出できます。

「最終利益」=「商品販売価格」-「経費」

 

まとめ

以上、『輸入ビジネスにおける経費とその算出方法』について一緒に確認してきました。

 

最初は色々とあるので見るだけで面倒くさく思えますが、

自動で算出されるモノもあるので、コツさえ慣れてしまえば大体の見積もりは出せます

 

関税などは後から請求なので、ピッタリ事前に見積もる事は難しいのですが、

ある程度の見積もりができていれば、どのくらいの利益が出るのか見込みが付くので、

仕入れから利益を追う事ができます^^

 

赤字を避けるタメにも経費の算出にシッカリと慣れていきましょう

 

記事の内容で分からない事や、気になる点がありましたら、お気軽にお問い合わせください☆

それでは、最後までお読みいただき誠にありがとうございました。

 

ABOUT ME
Kurachi
輸入ビジネスプレイヤー 2019年副業で月商500万円達成 副業で得た利益で家族と外食をしたり旅行に出かけたり、 趣味の音楽や釣りなどを楽しみ家族三人と幸せに生活しています。