【Quantity】仕入れ数量の判断基準とポイント

こんにちは! 輸入ビジネスプレイヤー兼会社員のKurachiです。

今回の記事は、『仕入れ数量の判断基準とポイント』について解説させて頂きます。

 

中国輸入ビジネスに限らず、「輸入ビジネス全般の初心者」にとっては、

” 初めて仕入れをする時 ” や ” まだ慣れていな段階の仕入れ ” においての、

「仕入れに対する不安」は誰もが抱いている事だと思います。

 

なぜ不安なのか?

それは簡単です。。。

「慣れていないから」の一言に尽きます。

 

人間は誰しも。。。「慣れていない事には不安や心配が付きモノ」なのです。

日常生活で無意識に行っている事に対しては、「不安や心配の感情は無い」ですよね?

 

僕自身も中国輸入ビジネスをスタートして初めて仕入れにチャレンジした時は、

中々 ” 入金ボタンのクリック ” が押せずにいました。。。(笑)

ですので、「ご自身の不安や心配な気持ちも自然な事」として認めてあげて下さい^^

 

では早速、内容を確認していきましょう!

 

仕入れに対する不安や心配の解消

輸入ビジネス全般における「ビジネスビギナーが抱くマインド」というのは。。。

 

  • この商品本当に売れるのだろうか?
  • そもそも何個仕入れたら良いのだろうか?

 

というような気持ちを抱いている人が多いです。

僕自身も全くこの通りで、

それ以前に海外から輸入する事にすら、不安や心配な気持ちがあった事も事実です(^^;)

 

ですが物販においては、「仕入無くして売上げは立たない」という決まりコトバがあるように、

輸入ビジネス全般で実績を出すタメには、仕入れをしなければ立ち往生してしまいます。

 

このマインドブロックを外す1番の特効薬は ” 経験をする ” しかありません!

 

面白いもので。。。

 

仕入れ ⇨ 出品 ⇨ 販売

 

というサイクルを1度経験してしまうと、自ずと「マイナスな感情が薄れていく」事が実感できます^^

 

ですので、仕入れの段階で「不安や心配というマイナス感情」を抱いているビギナーの人には、

” 自信をもってまずは仕入れる ” という「前向きなプラス思考」を持ってほしいと考えます。

 

少数のテスト仕入れがリスクヘッジとなる

「まずは仕入れましょう!」と話してきましたが、ただ闇雲に仕入れるという事ではありません。

最初に ” テスト仕入れ ” をして ” 商品の販売状況を検証 ” してみる事が大切です。

 

テスト仕入れ(1~5個) ⇨ 販売 ⇨ 状況の検証・見極め ⇨ 本仕入れ ⇨ 販売

 

ビギナーの段階では、このサイクルを意識してリスクヘッジを試みながら進めてみて下さい。

テスト仕入れを行う事で次のようなメリットがあります。

 

  • 仕入れから販売を経験できる
  • 自分の予測と実際の販売状況の比較・検証ができる
  • 商品状態の実態を確認できる
  • 仕入先セラーの信頼度が確認できる

 

兎にも角にも、テスト仕入れをする事で「輸入ビジネス一連の流れを経験」する事ができます!

 

僕の失敗談…保存版(笑)

ここは、僕自身の失敗談(笑)も交えてお伝えさせて頂きたいと思います。

プロフィールにもチョロっと記載してありますが、具体的にどんな失敗を経験したかと言うと…

 

それは僕自身にとって人生で初めての輸入でした。。。

商品リサーチで5種類ぐらいの商品をピックアップして仕入れに臨んだのですが、

そのピックアップした商品の中に ”1種類だけ大本命の商品 ” がありました。

 

その商品は「年間通して非常に良く売れており利益も1個当たり¥3.000ぐらい取れた商品」で、

他の商品も仕入れ基準を満たしていましたが、テストを含めたそれなりのモノでした。

 

代行業者とのやり取りも終え、いざ仕入れをしたところ、

仕入れを依頼して、商品がAmazonジャパンに商品が並ぶまでの間に。。。

リサーチ段階で少なかったライバルセラーがどんどん増えていき

「10人」を超えてしまったのです!

それに相まって価格競争が勃発し。。。価格はドンドン下がっていき。。。

自分の商品が相乗りした時には ” 利益が数百円 ” ぐらいの状況に陥ってしまいました_| ̄|○

 

このように僕自身、初めての輸入で失敗を経験し磨かれたわけでございます(笑)

これもひとえに「メンターの言う事を徹底しなかった結果」であると言えるでしょう。

 

まとめ

以上、『仕入れ数量の判断基準とポイント』について一緒に確認してきました。

 

慣れないうちは「仕入れする事に多少の不安や心配を抱く」かもしれませんが、大丈夫です!

僕にもできたんですから ” あなたにも必ずできます ” 

 

ただし、

僕と同じような失敗をしないタメにも、今回お伝えした内容をシッカリと腑に落として頂き、

中国輸入ビジネスをスムーズに全うして下さい。

 

いま振り返ってみると、その時はかなり凹みましたが少々イタイ勉強だったと思えます(^^;)

そもそも初めてのトライで成功ができる!と考えた事が烏滸がましかったのでしょう。。。

その経験をこうしてネタにして、あなたに伝えられるのですから良かったです♪

 

記事の内容で分からない事や、気になる点がありましたら、お気軽にお問い合わせください☆

それでは、最後までお読みいただき誠にありがとうございました。

 

関連記事

  1. 【BANRI②】中国輸入代行業者 ”BANRI” の利用方法

  2. 【Import expenses】輸入ビジネスにおける経費とその算出方…

  3. 【Exhibition limit】仕入の前に ”出品制限” の確認を…

  4. 【BANRI①】中国輸入代行業者 ”BANRI” の登録方法

  5. 【Choose point】中国輸入代行業者を選ぶポイント

  6. 【Fixation】仕入の前に ” FBA納品先倉庫の固定 ” をする…

  7. 【Flow】中国商品仕入れからAmazon販売までの流れ

  8. 【Chat Work】チャットワークの登録と使い方

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CATEGORY

RECENT POSTS

SPECIAL POSTS

  1. Yahoo!ショッピング販売編

    【Yahoo!ショッピング】出店審査に必要な情報…
  2. Yahoo!ショッピング販売編

    【Yahoo!ショッピング】ストアクリエーター …
  3. メルカリ販売編

    【メルカリ】 中国輸入転売 売れる 商品画像リサ…
  4. Yahoo!ショッピング販売編

    【Yahoo!ショッピング】 中国輸入 販路先と…

CALENDAR

2020年4月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

★☆★クリックでもっと頑張ります★☆★