【Yahoo!ショッピング 】シッピーノを使った自動発送化の仕組みを解説

こんにちは! 輸入ビジネスプレイヤー兼会社員のKurachiです。。

この記事にたどり着いたあなたは Amazonやヤフオク、メルカリなどで輸入ビジネスを展開されていて

Yahoo!ショッピング や、楽天市場などへの参入も頭の片隅では 検討しているものの、

Amazonの様に注文から出荷まで自動化出来なく、ショップ運営が難しいのではないか。

または副業だとショップ運営に時間を取られすぎる為に、運営が不可能なのでは? など
決めつけている方も多いのではないでしょうか?


実は仕組みさえわかってしまえばとても簡単です。

この記事では、Yahoo!ショッピング楽天商品発送をほぼ自動化できる簡単な方法を、

実際に会社員の僕が実践している方法を例に解説していきたいと思います!

Yahoo!ショッピング シッピーノを使った 商品自動発送の仕組み


1:まず購入者がショップで商品を購入 


2:決済完了後、シッピーノという連携ツールが Yahooショッピングと、
  在庫が保管しております2種類の倉庫(Amazon ロジモプロ )の間に入り
  連携して倉庫に発送指示を出します。
  
  あらかじめシッピーノで、それぞれの倉庫の在庫データを入れておきます。
  csvファイルで一括登録が可能です。
  

https://www.shippinno.net

https://sellercentral.amazon.co.jp/gp/homepage.html?          https://www.logimopro.jp/

ほぼ5分おき位で、随時連携しますので購入されますと、数分で
それぞれの倉庫に出荷依頼を自動に発令します。

出荷依頼が送信されますと、自動でYahooショッピングの在庫数も変更されます。

なぜここで2つの倉庫を使う必要が有るのか、疑問に思われる方もいらっしゃると思いますが
それぞれに利点があります。
それは後ほどご説明致しますね^ ^

注文から発送、購入者へのメール連絡が全て自動化

このシッピーノというツールを利用することで、購入者へのメール連絡、入金確認、受注承認、注文処理から発送依頼、
などがすべて自動化されます。
ヤフーショッピングの運営ツール ストアクリエーター プロをセラーは何も操作する事無く、発送完了まで
全自動で完結します。

Amazonでの販売でFBA倉庫を使っているイメージになりますね^ ^

ですので 単純に販売に関してはほぼやる事が無く24時間稼働してくれます。

特に副業でAmazon物販ビジネスを実践されている方で、ある程度の物流量が有り、
これからヤフーショッピング、楽天などに参入を検討されている方にとっては
必須のツールとなります。

シッピーノの料金体制                    

        
右の表がシッピーノの料金体制になります。

1連携につき9,800円
例:Yahoo!ショッピング・・AmazonFBA
  ですと月額9,800円となります。

ここにロジモプロ倉庫など2つ目の倉庫を
連動させるとなりますと、
9,800円+追加倉庫料4,800円が
追加になり、月額14,600円となります。

自動出荷の手数料ですが月の扱い数量が増えて行けば単価も下がってきます。

流石にこれを毎日手作業でやるとなると
丸一日、付きっ切りの手作業量になりますので、
外注さんや従業員の費用を支払うよりは圧倒的に安く済みますよね。

自己出荷への一部切り替えも可能

シッピーノの利点の一つとして、倉庫に在庫が無くても自己出荷設定にも変更が可能になります。

例として、これからテスト販売していく新商品で少量自宅に在庫が合る場合は、自己出荷設定に
しておき、発注が入った段階で自己発送も可能です。
小さい商品などがオススメで、ネコポス(ヤマトとの契約が必要)やクリックポストで発送すれば送料も抑えられます。

ヤフーショッピングでは、レビューを書くなどの設定も可能ですからプレゼント商品やサンクスレターなどを
同梱して送ることも可能です。

これによりテスト販売期間中に、レビューを稼ぐことも可能です。

シッピーノ担当者の 電話対応が神

シッピーノでは電話対応が可能です。
どこかの電話会社のカスタマーサービスのように20分以上待たされるなどもございません(笑)

驚いたのは繁忙期、電話が繋がり辛い時期に折り返しで電話がかかってきた事も有りました。

自分はヤフーショッピング参入時は別の自動ツールのクロスマを使用しておりました。

クロスマはロジモプロへの対応はしていなかった など他にもいくつか理由はありましたが
ジッピーノに乗り換えの際は、電話で担当者の方にかなり丁寧に長時間に渡って設定方法などでご対応頂きました。

結果そこまで苦労する事無く乗り換えが可能でした。

AmazonFBA倉庫は、24時間体制

AmazonFBA倉庫は、ほぼ24時間体制で、そのまま出荷作業に入ります。

AmazonFBA倉庫のマルチチャネルというサービスを使います。

普段あなたがAmazonでショッピングをしていて商品がすぐ手元に届きますよね。

同じくマルチチャネルというサービスと使用すれば早ければ当日、遅くとも48時間以内には年中無休で発送されます。
(Amazonで、マルチチャネル発送の際の無地ダンボールでの発送設定を忘れないようにしましょう)

まだAmazon倉庫を使用した事が無い、マルチチャネルの設定方法がわからない方は下記
をご参照ください!


AmazonFBAマルチチャネルの詳細はこちら


Amazon FBA倉庫納品の仕方はこちら


 

ロジモプロは基本 平日のみ稼働

ロジモプロ 平日14時までの発注で、当日出荷されます。
それ以降の時間の発注は翌日出荷、土日祝日を挟みますと翌営業日の発送になります。

(注)ですのでロジモプロ は、連休が挟まりますとタイミングにより実際の出荷が
   3日後とかになる場合が有ります。

ただ、Amazon以外の倉庫を使うメリットは、かなり大きいと断言できます。
ロジモプロの詳細は下記にまとめましたのでご参照下さい

ロシモプロを使うメリット、手数料などははこちら!

楽天市場でも同様のシステムが、使用出来ます。
以上の自動システムのお陰で、販売から商品発送までが完全自動化が可能になります。

自動発送システムにはデメリットも

上記の様に自動システムのために
お客様が購入後、キャンセルしたい、ポイント払いに切り替えたいのでキャンセルして
再度注文したいなどは不可能になります。

何故なら自動で出荷準備が開始されるからです。

Yahooショッピング! 、楽天市場などのショップではかなり多くのセラーさんがこのシステムを使用しております。

購入者は、仕組みなどわかりませんので簡単にキャンセル出来ると捉えてる方がいらっしゃいます。

特にAmazonでのショッピングでは簡単にキャンセル出来ると言う事も、関係しているかもしれません。

商品ページやショップのトップページに、キャンセル不可のバナーなどを貼っておく事をおすすめします^ ^

まとめ

 

以上で、『シッピーノを使った商品自動発送の仕組み』に関わる解説をしてきましたが、

シッピーノは間違えなく、ご自身の販路拡大のためにも、使えるサービスと言えます。

是非この記事を読んで活用して頂けたら幸いです♪

 

記事の内容で分からない事や、気になる点がありましたら、お気軽にお問い合わせください☆

それでは、最後までお読みいただき誠にありがとうございました。

 



 

関連記事

  1. 【Amazon】マルチチャネルサービス 無地ダンボールの申請方法を丁寧…

  2. 【Yahoo!ショッピング 】物流倉庫 ロジモプロを使用するメリットと…

  3. 【Yahoo!ショッピング】ストアクリエーター Proの商品登録方法を…

  4. 【Yahoo!ショッピング】出店審査に必要な情報から通し方までを解説

  5. 【Yahoo!ショッピング】 中国輸入 販路先としてのメリットと可能性…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CATEGORY

RECENT POSTS

SPECIAL POSTS

  1. Yahoo!ショッピング販売編

    【Yahoo!ショッピング】出店審査に必要な情報…
  2. Yahoo!ショッピング販売編

    【Yahoo!ショッピング】ストアクリエーター …
  3. メルカリ販売編

    【メルカリ】 中国輸入転売 売れる 商品画像リサ…
  4. Yahoo!ショッピング販売編

    【Yahoo!ショッピング】 中国輸入 販路先と…

CALENDAR

2020年4月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

★☆★クリックでもっと頑張ります★☆★